ノベザオで狙う渓流エサ釣り入門 九州エリアでヤマメとアマゴを釣る

九州エリアでは渓流解禁からはやくも数日が経った。各地から釣果がよせられる中、今回はノベザオでの渓流エサ釣りについて今一度紹介したい。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

淡水の釣り 渓流釣り

渓流釣り対象魚種

九州地方の渓流では主に3月1日からヤマメ&アマゴ釣りが一斉解禁になる。

ヤマメ

ヤマメの魚体は流線型で、パーマークと呼ばれる小判状の斑紋模様が特徴的。各ヒレは、オレンジや朱色が施され大変きれいな淡水魚で「渓流の女王」と呼ばれている。

大分県一部を除く上流河川の冷水域に生息するサケ属のサクラマスの陸封型。警戒心が強く、素早く、釣りづらいとされる。一度ハリに掛かれば、瞬発的な鋭い引き込みで釣り人の心を捉えて離さない。

釣れごろサイズとして約21cm(7寸)だが、30cmを超える大型を尺ヤマメと呼ぶ。

アマゴ

アマゴは、宮崎県北部と大分県に分布し、サツキマスの陸封型

ヤマメと姿形ともに似ているが、体に朱色の小さな斑点が散りばめられており大変うつくしい。

他の渓流魚

ほかにも九州の渓流にはニジマスやイワナが生息している。ニジマスは、外来魚であるものの強い引きとスピードの持ち主で、時にジャンプして抵抗する。

イワナは底への強い引き込みが持ち味。しかしながらイワナは本来、九州に分布しない本州の魚。人為的に放流したもので生態系の乱れが懸念されている。

深刻なカワウ被害

川鵜(カワウ)被害が特にここ10年深刻だ。特に春の時期は活動が盛んで、放流されたヤマメやアユを食べるから魚影が極端に薄くなり、多くの漁協が被害を被っている。

なにぶん川鵜は警戒心が強いので人を恐れる。それを利用し、稚アユ放流の時期(3~5月)に合わせて、アユが生息するような本流域で、釣り人にヤマメを釣らせる取り組みも対策のひとつだと思う。川の畔に釣り師がいることで、かかしの役割を持ち、川鵜を川に近づけさせないようにするためだ。

ある漁協関係者の話によれば、太陽光を不規則に反射させるために加工したホームセンターで売られている反射テープ(黒色)を放流地点などに対岸と対岸で結ぶと効果絶大だという声も聞いた。

釣り人のマナーも問題

人的なものとしてはマナーも然り、渓流や森に釣りエサや弁当の空き箱、空き缶やペットボトル等が平然と捨てられている。

釣り場ではゴミは持ち帰ろう!

それらすべてが釣り人だとはいえないものの、明らかに釣りエサの箱が捨てられているのを散見する

私たちはその自然界へ踏み入れさせてもらっているよそ者。これらを釣り人のマナー問題として、一括りに片付けられるのも歯がゆい。

いにしえの人々が大切に守ってきた地域や渓流に、謙虚な気持ちと敬意を払って入渓してほしい。

ノベザオでのエサ釣り

渓流での釣り方には、エサ釣り、ルアー、毛バリ(テンカラ/フライ)がある。

どれも経験し、それぞれ面白みがあるが、今回はノベザオで狙うエサ釣りを解説していきたい。

一般的なもの

サオの調子や長さは、川幅や釣り方に分けて選びたい。

予算との兼ね合いもあると思うが、購入するなら定価3万円前後の中級機種から選ぶのが賢明。

渓流釣りの場合、リールが付いていない分、サオの性能(重量.操作性.感度.パワー)の良し悪しで、釣果に影響するからだ。

優秀なサオであればアタリが目印に現れる前に前アタリとして手元に伝わるし、尺ヤマメが掛かっても暴れさせず取り込むこともできるので釣りやすい。

初心者には、硬調.Mタイプとして分類されたコンパクトな小継ザオが仕掛けの振り込みや投入も扱いやすい。

もう少し掘り下げて、川幅に合わせてサオをそろえるのならば、九州の開けた渓流域や里川では硬中硬.軟調6.5~7.0mや5.7~6.1m、一般渓流域では硬調.超硬調4.6~5.0~5.3mや5.0~5.4~5.7m、源流域では超硬調3.6~4.0~4.5m、本流域では胴調子7.0~7.5m、7.5~8.0m、8.0~8.5m、8.5~9.0mのズームタイプがよい。

ノベザオの穂先

穂先は、チューブラーとソリッドに分かれる。

チューブラーはカーボン製で張りがあり、サオ絡みも少なく、川底やアタリの感度もよい。また、アワセも上手く効くので、初心者でも扱いやすい。

ハリ掛り良い張があるチューブラーの穂先

さらに、高活性時やブドウ虫/ ミミズをつけた太軸の大バリとの相性も非常によい。

しかし、張りがあるが故に構え方次第ではブレやすく、ソリッドに比べて食い込みも劣る。

食い込み抜群の柔らかいソリッド穂先

一方のソリッドは、グラスファイバーでできており、非常に軟らかく、流れや食いに穂先も追従し、仕掛けのブレまでも吸収してくれる。

一番の恩恵は、魚が違和感なく自然な食い込みをみせてくれること。

しかしながら、軟いが故に、チューブラーと相反する性質を持っている。

天上イト

穂先と接続するイトは、「天上イト」と呼ばれる水中イトよりも太めの(0.5号前後)イトを用意する。

釣り場では、頭上の木々にイトが絡みやすく、サオ絡み防止のために、張りのあるフロロカーボンのオレンジ色のイトがお勧め。

天上イトの長さは、5~6mザオであれば1ヒロ前後(約1.5~2m)。

できれば仕掛けの長さ調整のために、PEライン0.6号または細み目印で17回程度編み込む。これで可動式とし、水中イトと接続するジョイント部も一緒に作る。

水中イト

ハリスとミチイトを兼ねた水中イトは、天上イト側の先端を8の字5回ひねりのチチワとし、天上イト下部のジョイント部に接続する。

ラインにはナイロンとフロロカーボンの2種類がある。

ナイロンは、軽量で伸びや引張強度があり自然に流れやすいものの、若干根ズレに弱い。

フロロカーボンは伸びが少なく張りがあるものの、根ズレに強く流れの中でも早くなじむので、浮き石や沈み石の多い瀬釣りで有利。

30cmクラスの良型も仕留めたい場合は、0.3号を基準にその前後の号数を用意すればよい。

次ページで仕掛けについて解説