釣り愛好家が忘れられない父との思い出は【奥日光・川俣湖での毎年恒例GW釣行】

釣り愛好家が忘れられない父との思い出は【奥日光・川俣湖での毎年恒例GW釣行】

筆者が釣りを始めたきっかけは、父が釣り好きだったから。蛙の子は蛙だったからです(笑)その「釣り好きの父」がこよなく愛した釣り場・奥日光の川俣湖を紹介させていただきます。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター・尾崎大祐)

アバター画像
尾崎大祐

埼玉県在住。二児のパパで趣味はサラリーマン。釣りをはじめとした食材採取に全精力を注いでいます。

×閉じる

ボート釣り 淡水の釣り

第二ラウンドは山菜採り

10時位になって日が頭上までくると、アタリは殆どなくなってしまう。たま~にあったとしても、正体はウグイ。

釣り愛好家が忘れられない父との思い出は【奥日光・川俣湖での毎年恒例GW釣行】日が昇るとウグイばかりに(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

予定通りとばかりにのんびり早めのお昼ご飯を食べ、釣り道具を片付け、第二ラウンドへ向かうことにします。

釣り愛好家が忘れられない父との思い出は【奥日光・川俣湖での毎年恒例GW釣行】ボートで山菜の秘蔵ポイントへ(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

川俣湖GW釣行の魅力は、何といっても山菜の時期と重なること。父の秘蔵山菜ポイントへ向かいます(といっても湖畔ならどこでも採れると思う)。

釣り愛好家が忘れられない父との思い出は【奥日光・川俣湖での毎年恒例GW釣行】ハリギリの芽とコゴミ(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

因みに4月上旬の解禁直後にくると、フキノトウが採り放題となります。

釣り愛好家が忘れられない父との思い出は【奥日光・川俣湖での毎年恒例GW釣行】ウドも採り放題でした(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

親孝行ができた、と思う

筆者が小学生の時には父に連れてきてもらい、やがて中学生になると釣りは一旦やめてしまい、26年以上に及ぶ「川俣湖空白期間」となってしまったのですが、やがて筆者38歳、父64歳になった年に、今度は逆に筆者が父を連れて行く形で、親子での川俣湖釣行が復活。この年から6年間、GW(もしくは翌週)になると、山菜採りとセットにした川俣湖釣行が筆者と父の恒例行事となりました。

そんな父は72歳で他界し、その後筆者が川俣湖に行くことはなくなってしまいました。そして、4年前に中禅寺湖でのワカサギ釣りの帰り道にドライブがてらによってみた所、残念ながら馴染みのボート屋もすでに廃業されている事実を知ることに。川俣湖での父との釣行は完全に「思い出」となってしまいました。

釣り愛好家が忘れられない父との思い出は【奥日光・川俣湖での毎年恒例GW釣行】長きにわたり大変お世話になりました(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

晩年は一緒に釣りに行ったり、酒を酌み交わしたり。日本には「親孝行をしたい時に親はなし」ということわざがあります。親孝行……実際は父から受けた愛情に対し返し切れていないのですが、それでも「きっと釣りを通じて親孝行できた」と、前向きに思うようにしています。そのおぜん立てをしてくれた川俣湖に感謝。

<尾崎大祐/TSURINEWSライター>

▼この釣り場について
川俣湖