大阪湾奥ライトゲームでメバル渋々 代わりに豆アジの気配濃厚か

大阪湾奥ライトゲームでメバル渋々 代わりに豆アジの気配濃厚か

大阪湾奥のいくつかのポイントで、メバルを中心に釣っている。しかし、気温が一気に下がった週と、もっとも大きく潮が動く大潮のタイミングが重なってしまい、急激に冷たくなった沿岸の海水温を嫌い、メバルが消えてしまった。この海をどう釣るべきだろうか?

大阪府のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター井上海生)

Avatar photo
井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

当日の状況

あまりいい釣果にはならないだろうな、と後ろ向きな予感を抱きながら、この日も釣り場に立った。メバリングロッドに、1000番リール、PEライン0.1号を張ったタックルを組む。これまで20時からメバルの食いが立っていたが、さあ、今回の海はどうだろう。

19時エントリー。小潮の下げと、いい条件ではない。だが、メバルは一種ヘンな魚で、こういう微妙な海でも、ぽんぽんと食ってくることがあるのだ。

初投でメバルも後が続かず

思った通り、というべきだろうか。なんと初投でメバルが簡単に顔を出した。ツンツンと突くアタリから、ドラグを少し緩めるとガツンと乗る。20cmくらい。まあいいサイズではないか。コーナーを対角に投げて、スローに表層を引いていると、食ってきた。

大阪湾奥ライトゲームでメバル渋々 代わりに豆アジの気配濃厚か早々にメバル(提供:TSURINEWSライター井上海生)

しかし、ここでほっと気を緩められないのが、最近の海である。この頃3回程度の釣行では、ここから裏切りまくられている。最初の一尾だけ、一応顔を見せてくれるのだ。その後が続かない。

……果たせるかな、その負のイメージは当たってしまった。最後の最後に、幼メバルが出たきり。2時間ほど釣ったが、数釣りとはいかなかった。

アジの気配が濃厚

ところが。この日の海はこれまでと少し違った。別の魚が妙に食ってきた。アジ。少し前までオープンを支配していたサバが抜け、海の前面は豆アジの海となっている。それも以前までのアンダー10よりも、ちょっと大きくなっている。

PEラインという浮力が厄介なラインだが、表層をさーっとトレースするだけで、わりと単純に乗ってしまう。しかも、このアジの群れ、わりと足元まで差し込んでいる。よってメバルを釣ろうとしてキワの表層を釣っていても、いかにもアジらしいショートバイトがくる。もちろんすべてを乗せきれるわけではないが、メバリングロッドという、多少アジングには不利といえるタックル流用でも、5尾くらいまで数を伸ばせた。

大阪湾奥ライトゲームでメバル渋々 代わりに豆アジの気配濃厚かアジちらほらキャッチ(提供:TSURINEWSライター井上海生)

しかし気に入らないことには、エステルラインを巻いたスプールにかえて、レンジを見ていくような、いわゆる「現代アジング」らしい釣法には、ほとんどまったくといっていいほど反応しない。つまりフォールには反応しない。リトリーブ一本。個人的に巻きパターンのアジが苦手なだけあって、あまり深追いしないことにした。次にアジングタックルを持ってきて、何もかもやり直すことにしよう。

次のページで釣りターゲットを変えるのが吉!?

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。