堤防サビキ釣りでアジ・サバ・マイワシ連発【千葉・勝浦港】 アジの時合いは一瞬

堤防サビキ釣りでアジ・サバ・マイワシ連発【千葉・勝浦港】 アジの時合いは一瞬

12月15日(木)、千葉県外房の勝浦港へサビキ釣りに出かけた。サバにマイワシにアジが釣れた釣行をお届けしよう。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版APC・大熊規男)

Avatar photo TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

勝浦港でサビキ釣り

この日は投げサビキ仕掛けで、コマセにはアミエビを用意。ウキは10号負荷なのでオモリ10号をセットしたが、投げてみるとトップが沈んで見えない。カゴがステンのものを使ったので、オモリが重すぎたようだ。そこで7号にすると、トップが出てきた。

水面を見ると、たくさんの魚が見える。16時に開始すると、すぐにウキが沈んだ。上げると、20cmほどのサバが4尾付いている。

堤防サビキ釣りでアジ・サバ・マイワシ連発【千葉・勝浦港】 アジの時合いは一瞬堤防の様子(提供:週刊つりニュース関東版APC・大熊規男)

マイワシが連発

それからは毎投サバがヒットしていたが、しばらくすると、18cmくらいのマイワシが鈴なりに。イワシは水面近くを群れで泳ぎ回っていて、仕掛けを投げるとすぐにコマセに寄ってくる。何尾も掛かると、仕掛けがからんでしまうのが難点だ。

サバとイワシが多すぎて、アジが食いつく前に掛かってしまう。サバとイワシは十分に釣れたので、アジを狙うため、タナを深くしてみる。ウキ止めをカゴから2ヒロにして投入。すると、イワシとアジが1尾ずつ掛かってきた。やはりアジはタナが深く、イワシとサバが邪魔しているようだ。

コマセを抑えてアジもヒット

そこで、投入点を変えてコマセが効きすぎないようにする。これが功を奏したのか、アジが掛かるようになった。しかし、型は小さく15cm弱。

周りを見ても釣れるのはほとんどがイワシで、サバも少なくなってきた。時合いは短いと考えて、手返しを早くして釣り続ける。

堤防サビキ釣りでアジ・サバ・マイワシ連発【千葉・勝浦港】 アジの時合いは一瞬勝浦港で上がったアジ5尾(提供:週刊つりニュース関東版APC・大熊規男)

イワシとサバはたくさん釣れたが、アジは5尾でアタリが途切れた。17時を過ぎると帰る人が出てきて、アジの時合いは終了。それでも、イワシの食いは衰えない。暗くなればイワシはいなくなると思ったが、その気配はなし。

残っている人が少なくなって、私も竿をしまうことにした。イワシに狙いを絞れば簡単に釣れるので、ファミリーフィッシングに最適と感じた釣行だった。

<週刊つりニュース関東版APC・大熊規男/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
勝浦港
この記事は『週刊つりニュース版』2023年1月6日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。