今週のヘラブナ推薦釣り場2023【埼玉県・ビン沼】

今週のヘラブナ推薦釣り場2023【埼玉県・ビン沼】

もはや多くを語らずとも多くの釣り人で人気を博すのが、埼玉県さいたま市と富士見市の境を流れるビン沼だろう。

(アイキャッチ画像提供:週刊へらニュース伊藤さとし)

Avatar photo TSURINEWS編集部

淡水の釣り ヘラブナ釣り

ビン沼の概況

盛期は宙釣りで良型を楽しめたが、さすがにこの時期になると底に落ち着く。すると待ってましたとばかりに底釣りファンの血が騒ぐ。沼と文字が付くが、れっきとした川なので、流れもあれば水位増減もある。それらを上手に克服し、納竿&初釣りをビシッと決めてみてはいかがだろうか。

今週のヘラブナ推薦釣り場2023【埼玉県・ビン沼】ビン沼概況図(作図:週刊へらニュース伊藤さとし)

釣れているためだと思われるが、直近のビン沼は平日でも混雑気味。とくに新ベラが溜まっているエリアや、季節風が強い日の風裏ポイントでは、早朝から土手に車が列をなす。釣り座は空いていても車が止められず、他のエリアを選択するしかない。そんな状況も生まれるほどだ。希望のポイントがあるなら、早着するか入れ替え戦の午後からが狙いめ。

釣況は日並みに大きく左右される。風が穏やかで流れも弱い日は、2ケタ台も珍しくないが、大風で流れが強い時は、ツ抜けにも苦労してしまうほど。しかし、よほどポイントを外さない限りオデコは少ないだろう。

アベレージサイズは泣き尺だが、まれに尺2寸超や40cmクラスの地ベラも顔を見せる。フラシなどの影響もあまり見られないヒレピン良型美ベラの引きは、驚くほど強烈。これが楽しみで、寒くとも人気が衰えないのが同川の釣り人が絶えない理由だろう。

ポイント

人気なのは砂塚橋下流北岸(さいたま市側)、墓場下などの季節風を避けられるエリア。東っ気が交じる北風ならどんぐり山も人気だ。

風が弱い日なら、これらの人気ポイントは避けて富士見市側に入るのも面白い。とくに瓶沼橋下流右岸の階段護岸エリアは新ベラが溜まっているのか、日によっては入れパクもある。

どのエリアに入るにしても、問題なのは車の駐車。とくに桜並木がある所は、根をタイヤで踏まないなどの配慮は必須。また駐車禁止エリアもあるので、よく確認してもらいたい。釣り座と駐車場所が離れる場合もあるので、キャリーカートなどがあると便利だ。

釣り方とエサ

冬のビン沼は底釣りが面白い。盛期、あれほど煙たがられたジャミが静かになり、良型が底に着き始めるためだ。以下はバランスの底釣りでの要点。

今週のヘラブナ推薦釣り場2023【埼玉県・ビン沼】タックル図(作図:週刊へらニュース伊藤さとし)

竿

季節風を背にできるポイントは混雑しやすいので、早めにアタリを出したいなら15尺以上を振ったほうがベター。

ハリス

ロングハリスは不要。流れが出やすいので、触りが出るなら短いほど有利。最長でも40cm前後をメドに。

ハリ

バラサなら5号前後。食い渋ったら、さらに小さめも試したい。

ウキ

水深はどこも1本半前後だが、通常よりもやや大きめ(B7~10cm)をチョイスしたい。ただしB浮力はあってもトップは細めのパイプかPCムクがお勧め。流れでラインが湾曲してアタリが小さくなりがちなので、それを補うのが目的。

タナ

流れが弱ければ上バリトントン。そこから流速に合わせて、ズラシ幅を増やす。目安は上バリ5cmズラシだが、場合によっては10cmズラす時もある。

水深目印

水位がひん繁に上下するので、釣り台の足などに何か目印になるものを結んでおくと便利。

エサ

両グルテンが基本だが、常連のなかに年間を通して両ダンゴで狙う人も少なくない。今期のお勧めはグルテン四季+凄グル。面倒でも少量ずつ作るのが釣果を伸ばす秘訣だ。

今週のヘラブナ推薦釣り場2023【埼玉県・ビン沼】両グルブレンド(提供:週刊へらニュース伊藤さとし)

次点は段差の底釣り。ただし流れがあまりにも速い時は不可で、キモは食わせの種類。通常はインスタントウドンなどの固形物を使うが、ビン沼の場合はグルテンもお勧め。アルファ21などの強繊維グルテンを軸に、グルテンカスの残り具合をチェックしながら、あまりにも残らないようなら固形物を使う。最初から固形物でもいいが、グルテンのほうが圧倒的に反応がいいのが、この川の特徴だ。

地形変化やエサ打ちにも注目

なお釣り方を問わず、底ダテ時は水深だけでなく、地形変化も的確に捉えよう。できれば底が硬質(タナ取りゴムがトンと着底する)な所を探して、必要なら釣り台の位置を微調整するくらいの余裕がほしい。

またウキが流されるようになったら、流される下限付近にあえてエサ打ちするのも一手だ。竿掛け正面に打っても結局は流されるのであれば、あえて止まる位置に打ち込んでエサを溜めやすくするほうが、アタリが出やすかったりするものだ。

<週刊へらニュース伊藤さとし/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
ビン沼川
入釣料:¥400(現場徴収)。釣り台必携。
この記事は『週刊へらニュース』2023年1月6日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。