夜磯ブッコミ釣りでタマミ(タマン)手中 竿が吹っ飛ぶアタリに本命確信

夜磯ブッコミ釣りでタマミ(タマン)手中 竿が吹っ飛ぶアタリに本命確信

8月27日~28日、同じクラブの皆川さんと、南紀白浜の四双島へタマミ(タマン)狙いで釣行した。残念ながら大きなバラシもあったが、本命1匹にウツボなどをキャッチした釣りの模様をリポートする。

和歌山県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター長谷川靖之)

長谷川靖之

大海原に向かってのフルキャスト!どんな魚が釣れるか分からないワクワク感が投げ釣りの最大の魅力です。そんな投げ釣りの魅力を皆様にお伝えできればと思います。よろしくお願いいたします。

×閉じる

海釣り 投釣り

2匹目は痛恨のバラシ

すると再び私の竿がロケット発射。今度の引きは1匹目よりも強い。ここで不覚にもリールを巻く手を止めてしまった。すると相手が一気にシモリに走る。竿が水平になってしまい、その瞬間ふっと重量感が消え失せてしまった。仕掛けを回収すると30号のハリスがザラザラに擦れてしまっていた。

その後、群れが去ったのかアタリがピタッと止まってしまい、時々クロアナゴやウツボが大バリをくわえて上がってくるだけ。夜明け前の時合いに期待するも、アタリがなく、午前6時に納竿とした。

南紀のタマミ釣りの今後

白浜周辺のタマミ釣りは10月までは十分に楽しめる。磯が低いので、少しでもウネリが入ると渡船が出なくなるので、事前の確認をしっかり行っていただきたい。

夜磯ブッコミ釣りでタマミ(タマン)手中 竿が吹っ飛ぶアタリに本命確信悪戦苦闘しながらウツボを調理(提供:TSURINEWSライター長谷川靖之)

なお、当日釣れたウツボは持ち帰り、台所で悪戦苦闘しながら煮つけとタタキにして美味しくいただいた。

夜磯ブッコミ釣りでタマミ(タマン)手中 竿が吹っ飛ぶアタリに本命確信ウツボのタタキ(提供:TSURINEWSライター長谷川靖之)

<長谷川靖之/TSURINEWSライター>

▼この釣り船について
南紀マリーナ

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。