海水浴しながらの釣り【泳ぎ釣り】で良型カサゴ ヒット瞬間丸見えで興奮

海水浴しながらの釣り【泳ぎ釣り】で良型カサゴ ヒット瞬間丸見えで興奮

釣りとしてマイナーな釣法である泳ぎ釣り。泳ぎ釣りとはなんぞや?と思いこの記事を覗いている人もいるだろう。先に言うと、このマイナー釣法「泳ぎ釣り」がめちゃくちゃ楽しいのだ。以前も紹介した泳ぎ釣りだが、今回その魅力を釣行の様子と共にお伝えしたい。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター永井航)

Wataru_Nagai

はじめまして。釣りの守備範囲は金魚から大型青物まで!大学では海洋生物を専攻していたので多角的な分析もしたいと思います。

×閉じる

海釣り 磯釣り

早々に小型がヒット

意気揚々と海に入ると、不思議なことにさっきまで沢山いたアカハタが減っている。殺気が伝わっているに違いないと思いながら沖に進むと、殺気を感じていなさそうなカサゴとまだ恐れというものを知らないであろう小型のアカハタを発見。いずれもリリースサイズだが魚の活性を見たくエサを投下。さすがにあっさりと釣れて一安心。

さっと逃してゆっくり泳いでいると、さっきからどうもウツボがついてくる。ついてくるだけならまだしも釣りに夢中になり、ふと横を見たらウツボとこんにちは。はどう考えても気持ちの良い場面ではない。身エサに寄せられているのだろうと判断し、早々に身エサだけ投棄。

海水浴しながらの釣り【泳ぎ釣り】で良型カサゴ ヒット瞬間丸見えで興奮小型ながらアカハタゲット(提供:TSURINEWSライター永井航)

良型カサゴをキャッチ

投棄してからさらに泳いでいるとかなり大きそうなカサゴを発見。エサを落とすと、しっかり見ているようで射程に入った瞬間にバイト。さっとアワせて無事御用。私が手をパッと広げた時の親指の先から小指の先が大体22cmないくらいなのだが、それよりも尻尾分大きい良型。ポケットからストリンガーを出し一緒に遊泳。

泳ぎ出してすぐ、次なるターゲットを発見!デカい!!今釣ったカサゴよりさらに1、2回りはある大型個体。こちらもエサをそろそろと落とすと待ってましたとバイト。あっさりキャッチ。

泳ぎ釣りの時は逃がさないためにストリンガーに掛けてからハリを外すのだが、ストリンガーに掛けようとしたときにカサゴが暴れる。暴れた際にヒレとエラをパンパンに広げたカサゴのトゲが手袋を貫通し私にブスっと。思わず掴んでいた手を離してしまい、まさかのフックアウト。そこまでハリ掛かりは悪くなかったはずだが、後の祭り。自由を取り戻したカサゴは猛スピードで棲家へ帰ってしまった。

諦め悪く狙ってもよかったが、再び食わせるのは暗くなるまでには難しいと判断し次へ。

アカハタにカサゴを追加

今までは見えている魚を食わせていたが、今度は良さそうな隙間にエサを落とし込むことに。あっという間にリリースクラスのアカハタが数匹釣れて、次の落とし込みで引き上げようかというところでいいアタリ。少し深場を攻めており、海底の岩に掴まりながら落とし込んでいたため、私が急浮上しアワセと魚の引きずり出しを行うと、まずまずの良型カサゴがズボッと隙間から飛び出してきた。このカサゴもキープし納竿とした。

1匹目ほどではないが23cm程の十分良型。32~3cmクラスをポロっとしているためか不完全燃焼感は否めないが、暗くなる前に引き上げた。

海水浴しながらの釣り【泳ぎ釣り】で良型カサゴ ヒット瞬間丸見えで興奮キープしたカサゴ2匹(提供:TSURINEWSライター永井航)

泳ぎ釣りの注意点

当日は2匹のカサゴを持ち帰り、サイズを測ると26cmと23cmだった。リリースではアカハタ3匹にカサゴ2匹が釣れ、1時間強としては十分釣れただろう。アカハタは水中でも根回りをウロウロしているので比較的目立つが、カサゴはじっとしているため動くまで気づかないこともあるだろう。しかし不思議と経験を積むと少しずつ見つけられるようになる。

泳ぎ釣りは水中での扱いが難しいためある程度の慣れや工夫が必要だが、サイトフィッシングもしやすく楽しさは間違いない。一方、水中で行うが故に危険は必ず付き纏う。泳げるかどうかの確認だけでなく天候など様々な情報の入手は抜かりなく。また決して無理はしないようにしてほしい。

<永井航/TSURINEWSライター>

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。