「スク水揚げ」シーズン到来 大人になると嫌われがちな『スク』とは?

「スク水揚げ」シーズン到来 大人になると嫌われがちな『スク』とは?

ネットでたびたび話題になる「スク水揚げ」というワード。「スク」とはとある魚の稚魚のことなのですが、それがなにかご存知でしょうか。

(アイキャッチ画像提供:PhotoAC)

TSURINEWS編集部

その他 サカナ研究所

スクは大人になると嫌われがち

そんなスクですが、実は沖縄以外にも棲息しています。というのも彼らは「アイゴ」の稚魚なのです。

アイゴは本州以南に棲息し温暖な海を好む魚ですが、近年温暖化により分布域が北上しており、全国的にふつうな魚となるのは時間の問題と思われます。しかしとくに東日本ではこれを食べる文化がないこと、また鰭に毒針を持ち触ると危険なこと、強い磯臭さを持つことなどから、沖縄でのように好まれることはあまりありません。

「スク水揚げ」シーズン到来 大人になると嫌われがちな『スク』とは?アイゴの成魚(提供:PhotoAC)

加えて彼らは海藻類を好み盛んに食べるため「磯焼け」の原因になる魚として目され、地域によっては駆除の対象にもなっています。

そんなわけでアイゴは、「スク」の頃はボーナスとまで呼ばれるのに、成長するほどに人気がなくなり、更に地域によっては非常に嫌われているというちょっとかわいそうな魚だと言えるのです。

<脇本 哲朗/サカナ研究所>

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。