番匠高宮丸で式根島キンメダイ釣りで3kgオーバー大型本命顔出し

番匠高宮丸で式根島キンメダイ釣りで3kgオーバー大型本命顔出し

通年のターゲットとして狙える下田からのキンメダイ。連日大型が登場しており、別格の味わいを夢見て釣行した。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター前島宣秀)

前島宣秀

年間釣行80日、北海道から沖縄まで食べたい魚は自分で釣り歩く、ダイワ大好き釣りバカオヤジです。

×閉じる

船釣り エサ釣り

式根島キンメダイ釣り

ここのところ数がつかない新島沖にかわり、式根島沖に行くから集合は2時半と電話があった。いつもの新島沖からさらに30分程度南下した式根島沖は、通称ひょうたんと言われるポイントでキンメだけでなくムツ系の実績も高いポイントだ。

タックルと仕掛け

シーボーグ1200MJにディープゾーンGSのいつものタックルでの釣行。このディープゾーン、サオ先は硬めで胴は軟らかめで、キンメのアタリが手に取るようにわかるため愛用している。シーボーグ1200MJは10号800m少し入っていたが、近くの下田漁具で200m追加して合計1020m入れたがもう少し入りそうであった。

番匠高宮丸で式根島キンメダイ釣りで3kgオーバー大型本命顔出しタックルと仕掛け(提供:TSURINEWSライター前島宣秀)

仕掛け

仕掛けは20本の赤バリ。これはオマツリした時に自分の魚がわかるように識別のためである。仕掛けはミキイト35号、ハリ間1.9m、ハリス90cm、赤ムツバリ19号、エサはカツハラをメインにイカ、アナゴとした。

式根島周辺で釣りスタート

2時半に集合となった7人の内、3人は初心者の方々であったが、深場釣りは投入さえできればサビキ釣りと同じ、決してハードルは高くない。1時間半で式根島近く通称ひょうたんに朝日とともに到着した。

筆者はミヨシに入り、一番目の投入、2kgの鉄筋オモリを投げ入れ、無事投入も成功した。

当日は潮があまり速くなく、クラッチを切りフリーでイト送りをしてアタリを待ったが、サオ先からの魚信はなく回収となった。

番匠高宮丸で式根島キンメダイ釣りで3kgオーバー大型本命顔出し朝日を見ながらスタート(提供:TSURINEWSライター前島宣秀)

6投目に待望のアタリ

その後胴中を中心に単発やメダイのアタリはあるが、筆者には全く魚信が無く、数えてみると5投の空振り、さすがに心が折れかけた6投目に待望のサオ先が揺れた。慎重に巻き上げると1.2kgクラスの2匹が上がった。

船中3kgオーバーも顔出し

胴中の平塚市の酒井さんのサオ先はかなり曲がっており、船長から丁寧にやっての掛け声。上がって来たのはなんと3.34kgのビッグサイズを筆頭に2kgオーバーも見られ、合わせて6匹の鈴なり。同船者ではあるが久しぶりに3kgオーバーを見られて興奮した。

当日はカツハラよりイカの方が食いがいいように思えた。最後の一投は30分ほど走って新島沖の深場に入ったが数は増えずに納竿となった。

番匠高宮丸で式根島キンメダイ釣りで3kgオーバー大型本命顔出し3.34kg頭に鈴なり(提供:TSURINEWSライター前島宣秀)

次のページで利用した船と周辺施設を紹介

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。