木曽三川河口でテナガエビ釣り満喫 ファミリーで楽しみトップ25匹

木曽三川河口でテナガエビ釣り満喫 ファミリーで楽しみトップ25匹

木曽三川河口へテナガエビ釣りに出掛けた。当日は釣友のほか釣り仲間ファミリー29人が集合。釣趣満点の笑顔と黄色い歓声、女性も子供も大満足の釣行をレポートする。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・鈴木利夫)

TSURINEWS編集部

その他 ファミリーフィッシング

木曽三川河口でテナガエビ釣り

6月中旬、木曽三川河口へテナガエビ釣りに出掛けた。当日は釣友の小崎さんほか釣り仲間ファミリー29人が集合した。

午前9時30分ごろ河口に到着すると、満潮から引き潮の時間帯だったので、全員集合まで少しサオを出した。引き潮の時間は釣りやすい。

木曽三川河口でテナガエビ釣り満喫 ファミリーで楽しみトップ25匹当日の仕掛け(提供:週刊つりニュース中部版APC・鈴木利夫)

ブロックの穴に仕掛けを落とし込み、シモリウキが沈むアタリを待つ。やがてウキが静かに沈んだ。テナガエビがエサをくわえたようだ。サオを持ち上げると、オスのテナガエビがガッツリ掛かって上がってきた。

この穴で2匹上げて隣の穴に移動する。やがてウキが静かに沈んでいくが、アワセのタイミングが重要だ。早アワセでは乗らない。仕掛けを上げるタイミングが面白くて楽しい。ウキが沈むワクワク感もたまらない。

テナガエビに無我夢中

8匹ほど釣ると釣友ファミリーが到着。道代ママ、陽子ママが短ザオを持って釣り場に来た。素早くイシゴカイをハリに刺して釣り始めると、「あっ釣った、釣ったよ」と笑顔の道代ママ。簡単な釣りなので子供や女性も楽しめる。道代ママは童心に帰り、無我夢中でテナガエビを釣っていた。陽子ママの黄色い弾んだ声も聞こえた。

木曽三川河口でテナガエビ釣り満喫 ファミリーで楽しみトップ25匹陽子ママと道代ママはダブルヒット(提供:週刊つりニュース中部版APC・鈴木利夫)

熊澤さんは、子供たちや女性に道具を渡し、釣り方やアワセのタイミングなどを丁寧に教えている。中学2年生の利燈(いりと)君も「テナガエビ釣ったよ」とうれしそうだ。

木曽三川河口でテナガエビ釣り満喫 ファミリーで楽しみトップ25匹利燈君がテナガエビゲット(提供:週刊つりニュース中部版APC・鈴木利夫)

揚げたてテナガエビ大好評

ウキが沈んでも、簡単に釣れるわけでもない。何回も空振りするから熱くなり、楽しい。男性も女性も無我夢中になっており、ウキから目が離せない。釣ったエビはバケツに入れ、ブクブクで泥を吐かせておいた。

やがて干潮時間を迎えて昼食タイム。幹事の小崎さんが、現場で炊いたタコ飯しや焼きそば、トンちゃんなど、おいしい料理を振る舞ってくれた。泥を吐かせたテナガエビは、その場で揚げて食べたが、めっちゃ香ばしくて大好評だった。

木曽三川河口でテナガエビ釣り満喫 ファミリーで楽しみトップ25匹大好評の揚げたてテナガエビ(提供:週刊つりニュース中部版APC・鈴木利夫)

やがて潮が満ち始めたので子供や女性たちは釣りを再開したが、午後からは風が強くて苦戦。そんななか、小学4年生の宏都(ひろと)君がテナガエビ釣り上げて喜んでいる。彼は好奇心が旺盛で、釣ったエビを観察していた。

木曽三川河口でテナガエビ釣り満喫 ファミリーで楽しみトップ25匹宏都君テナガエビゲット(提供:週刊つりニュース中部版APC・鈴木利夫)

次のページでサオ頭の釣果を発表!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。