沖磯フカセ釣りで40cm超イサキ連打 最低でも37cmと大型が入れ食い

沖磯フカセ釣りで40cm超イサキ連打 最低でも37cmと大型が入れ食い

沖磯へフカセ釣りでイサキを狙いに出かけた筆者。早々に40cm超えが登場。その後はイサキ連発も、全て良型という夢のような時間を堪能。大満足となった釣行をお届け。

大分県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター藤本みどり)

藤本みどり

フカセ釣りに魅了され、1年中元気に釣りに出掛けています☆自然の中で四季を感じながら、日々コツコツ楽しく学んでいます。【釣研スペシャルスタッフ/釣まんフィールドテスター】

×閉じる

海釣り 磯釣り

沖磯でフカセ釣り

5月29日、ふかしま丸さんにお世話になりまして、深島の磯「コウタク」に藤本さんと2人で上がりました。この磯からは、深島の名礁「ツバクロ」を眺めることができます。

沖磯フカセ釣りで40cm超イサキ連打 最低でも37cmと大型が入れ食い利用したふかしま丸(提供:TSURINEWSライター藤本みどり)

ここは魚影の濃い場所ですが、先端の場所は足場が斜めになっており、さほど広くもありません。ここで2人で釣るとなると、慎重を心掛けないといけません。使わない荷物は上の方へ上げ、釣り座にはクーラー1つと、それぞれのバッカンを置き、なるべく動きやすいようにしました。

早々に40cm超えイサキ

バッカンの中のまきエサは、沖アミに集魚材の「グレナビ」と「プレミアムレッドグレ」を混ぜ込んでいます。沖アミ3角に、「グレナビ」3袋、「プレミアムレッドグレ」1袋で、朝から夕方まで釣りを楽しむことができます。

沖磯フカセ釣りで40cm超イサキ連打 最低でも37cmと大型が入れ食い当日の集魚材、ウキ、ライン(提供:TSURINEWSライター藤本みどり)

この日のターゲットは旬のイサキです。まだほんのりと明るさが増したころ、先にサオを出ししていた藤本さんにひったくられるようなアタリがありました。落ち着いたやり取りで浮いてきたのは……期待通りの良型イサキでした。なんと!!初っ端から40cmオーバーの体高あるイサキです。見るからに美味しそうです。

沖磯フカセ釣りで40cm超イサキ連打 最低でも37cmと大型が入れ食い早々に40cm級が登場(提供:TSURINEWSライター藤本みどり)

良型ばかりが連発

私も張り切って仕掛けを投げます!今回はXライナーミドル00にG3の遊動ガン玉、ハリ上30cmの位置にG5のガン玉を付けました。

仕掛けが馴染むころ、一気にラインが弾け飛びました。引きからすると、本命のイサキに間違いない。タモ入れしたのは、藤本さんに負けないくらいのよく肥えたイサキでした。幸先よくイサキ潮の到来でしょうか。

沖磯フカセ釣りで40cm超イサキ連打 最低でも37cmと大型が入れ食い良型イサキが登場(提供:TSURINEWSライター藤本みどり)

藤本さんも私も軽快にサオ曲げを堪能です。どちらかがヒットしている?もしくはWヒット?夢のような展開です。しかも、小型のイサキがいないのです。どれも37cm以上という贅沢過ぎる状況です。いつまで続くか、好調なイサキ潮!!と思いながら夢中で釣りました。

沖磯フカセ釣りで40cm超イサキ連打 最低でも37cmと大型が入れ食いよく肥えたイサキ(提供:TSURINEWSライター藤本みどり)

次のページではイサキの時合い終了後の釣りをリポート

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。