オンライン釣り大会で淡水魚チャンピオン受賞 釣り場のゴミ拾い活動も

オンライン釣り大会で淡水魚チャンピオン受賞 釣り場のゴミ拾い活動も

淡水魚も活発になろうかという、去る令和4年5月。僕はライターの仕事そっちのけで、ひたすら河川に自転車を走らせておりました!理由はオンライン大会の一つであるアングラーズの大会で1匹でも多く、淡水魚を手中に収めたかったからであります!

和歌山県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター中辻久範)

中辻久範

×閉じる

淡水の釣り 小魚釣り

オンライン釣り大会

いつも使用している釣りSNSアングラーズから、5月中にこんな大会があるとの告知を4月の末に受けました。早速私も参加してみることにしました。

しかし、まーなんですねー。最近のオンライン釣り大会は誠に便利になったものです。20年前の投稿型釣り大会は、魚拓もしくは一枚一枚写真を撮って、現像し主催者に送付するという、賞を得られるまでに相当な手間と労力が必要だったんですが、現在はスマホで釣った魚をそのまま撮影し、データを送るだけですものね。時代はかわるものです。

アングラーズ

アングラーズが告知してくださるオンライン釣り大会、シーバスやバスの大会は非常に多いんですが、他魚種を投稿でき審査対象になる大会は少ないんですよね〜。タカハヤとカワムツ釣りしかしない僕にとって出場できる大会、少ないんです(苦笑)。

その点、この大会は対象魚、釣り場が釣り禁止でない限りオールフリーだったんです!それも淡水魚チャンピオンの賞まであるじゃーないですか。こりゃ僕、エントリーして投稿しない訳にはいかないだろう!ってことで参戦しました!

ホームグラウンドで挑戦

時代はかわれど、今も昔も1ヶ月間内の魚拓、写真送付の1匹長寸大会によく参戦させてもらっております。大阪府釣り団体協議会の大会でしたら、大阪府内のフィールド、京都府釣り団体協議会の大会でしたら京都府内のフィールドと各大会に条件はつきますが、基本は事前に告知されたルールに基づいて、各フィールドの下調べを行います。

今回は楽でした!だって釣り場はどこでもよく、魚種も問わずでしたからね。この条件でしたら、迷わず自分のホームグラウンド(自宅から自転車で釣行できる範囲)に行きますよ。狙う魚種も迷わずタカハヤ一択!カワムツは釣れれば数に含まれるので掛けたら丁寧に取り込むことを心がけました!

オンライン釣り大会で淡水魚チャンピオン受賞 釣り場のゴミ拾い活動も釣り場はホームグラウンドの河川(提供:TSURINEWSライター中辻久範)

エサ釣りで数を釣る

この大会は魚のサイズより、とにかく匹数勝負と判断したので、一番パターンがわかっている河川を攻めました。ほとんどの釣行は、毛バリ仕掛けではなく1本バリ仕掛けにM社のグルテン1の匂いを利用した、確実に匹数を稼いでいくエサ釣りに徹しました。

オンライン釣り大会で淡水魚チャンピオン受賞 釣り場のゴミ拾い活動もタカハヤ釣りに使用したミャク釣り仕掛け(提供:TSURINEWSライター中辻久範)

せこいアングラーと思われるかもしれませんが、釣り大会期間中の中辻はとにかく匹数に拘るんです!カワムツ、タカハヤ、ヨシノボリなど、正直手中に収めれば魚種は関係ないですね。ひたすら釣っては投稿の繰り返しです。

オンライン釣り大会で淡水魚チャンピオン受賞 釣り場のゴミ拾い活動もエサはグルテン1(提供:TSURINEWSライター中辻久範)

ポイントを広げてスレ対策

匂いで魚を寄せることができなくなってからは、スレていない(中辻ぐらいしか行かないようなポイント)をチョイスする必要がありました。この時点での釣り場候補は20年前にサンケイ新聞釣り大会で他魚賞入賞したカマツカを釣り上げた和歌山県かつらぎ町天野付近を流れる真国川と、20年前にしょっちゅう釣行していたかつらぎ町四郷付近を流れる穴伏川が僕の中で、候補に上がっていました。

真国川はカワムツの多い河川ですが、カワムツは警戒心の強い魚です。雑な釣り方をすれば群れを散らしてしまう可能性があります。バスを利用し時間をかけて、わざわざ真国川に釣行するのはリスクが伴うと判断し、釣りやすいタカハヤの多い穴伏川を選んだわけであります。

オンライン釣り大会で淡水魚チャンピオン受賞 釣り場のゴミ拾い活動もホームの魚がスレてから行った穴伏川(提供:TSURINEWSライター中辻久範)

次のページで穴伏川での釣りの模様をリポート

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。