浅場根魚五目釣りで34cm頭に良型メバル連打 肝は根掛かりを恐れぬ心?

浅場根魚五目釣りで34cm頭に良型メバル連打 肝は根掛かりを恐れぬ心?

6月18日、常磐方面初夏限定の釣り物・浅場根魚五目釣りに、日立久慈港・宮田丸から初挑戦してきました。良型クロメバル数釣りの他、裏本命のムラソイ、オウゴンムラソイも浮上し、クーラーボックスが満タンになった釣行をレポートします。

茨城県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

尾崎大祐

埼玉県在住。二児のパパで趣味はサラリーマン。釣りをはじめとした食材採取に全精力を注いでいます。

×閉じる

船釣り エサ釣り

前半戦はクロメバル狙い

4時半に日立久慈港を出船。今回は久々の「仕立て船」ということで、船上はいつもと違った和気あいあいとした雰囲気。この日は噂?のスーパー堤防にはいかず、船は一目散に北上します。やがて船はスローダウンし、30分ちょいのクルージングは終了。釣り開始のブザーがなりました。

朝一のポイントは水深20m前後。今季クロメバルが好調のポイントとのことで、群れにあたるとミヨシから順番にサオが曲がっていきます。この日、くじ引きで大トモを引き当てた私はやや不利な釣り座となってしまいましたが、それでも単発、時にはダブル、トリプルにて良型クロメバルを確保。イイ感じに桶が魚で埋まっていきました。

浅場根魚五目釣りで34cm頭に良型メバル連打 肝は根掛かりを恐れぬ心?クロメバルが好調にヒット(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

中盤戦はアタリ遠のく

時間は8時をまわり、朝一のサービスタイムはどうやら終了してしまった様子。しかし、このころになると慣れた人は既に20匹超、不慣れな私でもツ抜けを達成していて、みなさん余裕の表情。

それでも頑張って根の中を攻め続けていると、時折「ガツガツ」と鋭いアタリがあり、良型クロメバルを交えつつ、カサゴも顔を見せてくれました。そして船中ポツポツとムラソイやアイナメも浮上。前半戦とはまた違った歓声が船中に響きます。

浅場根魚五目釣りで34cm頭に良型メバル連打 肝は根掛かりを恐れぬ心?良型カサゴは準本命(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

超浅場でムラソイ手中

みなさんお土産を十分確保し、消化試合っぽい雰囲気になってきたころ、船長、「ちょっと走ります」と、この日初のやや大きめの移動を決断。船は水深6~10mの超浅場へとやってきました。釣れる魚は相かわらず良型クロメバルがメインなのですが、水深浅く浮袋が膨れないせいもあり、水面まで魚が暴れるので取り込みまで気が抜けません。同じ魚とは思えないようなスリリングなやり取りが、この釣りの醍醐味を更に助長させてくれました。

また、このポイントは根が一段ときつくなっていて、根掛りのリスク倍増。うま~く根掛りを回避しつつ、それでも時折オモリをロストしつつ丁寧に探っていると、私のサオにも「コンコン」と、メバルとは違ったアタリが発生!かるく聞きアワセを入れ、根からはがしながら丁寧に取り込むと、待望のムラソイを確保♪

そして終了間際にはなんと希少なオウゴンムラソイも浮上させることに成功。これで時刻は11時半、少し風が出てきたところで終了の時間となりました。

浅場根魚五目釣りで34cm頭に良型メバル連打 肝は根掛かりを恐れぬ心?黄色い斑点があるオウゴンムラソイも浮上!(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

次のページで最終釣果を発表!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。