浅場根魚五目釣りで34cm頭に良型メバル連打 肝は根掛かりを恐れぬ心?

浅場根魚五目釣りで34cm頭に良型メバル連打 肝は根掛かりを恐れぬ心?

6月18日、常磐方面初夏限定の釣り物・浅場根魚五目釣りに、日立久慈港・宮田丸から初挑戦してきました。良型クロメバル数釣りの他、裏本命のムラソイ、オウゴンムラソイも浮上し、クーラーボックスが満タンになった釣行をレポートします。

茨城県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

尾崎大祐

埼玉県在住。二児のパパで趣味はサラリーマン。釣りをはじめとした食材採取に全精力を注いでいます。

×閉じる

船釣り エサ釣り

最終結果

約6時間半の釣行にてクロメバル17匹(26~34cm)、カサゴ1匹(31cm)、ムラソイ1匹(26cm)、オウゴンムラソイ1匹(25cm)、アナハゼ1匹(20cmくらい)、ベラ3匹(20cm前後)。因みにトップはクロメバル40以上とのことで、30Lクーラーボックスに入りきらなかった様子(なので仲間のクーラーボックスにポイ)。

私はスソから2番目という釣果にもかかわらず、20Lクーラーボックスぎゅうぎゅうの、文字通り大漁という結果にてこの日の釣行を終えることができました。

幹事さん、そして船長もニンマリです(笑)。

浅場根魚五目釣りで34cm頭に良型メバル連打 肝は根掛かりを恐れぬ心?何とか氷を入れる隙間がある程度の釣果(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

上品な白身は美味

うっすらピンクがかった上品な白身は、お刺身はもちろんのこと、煮ても焼いても蒸してもイケます。

ただし、お刺身にするなら3~4日寝かせ、旨味を増幅させた方が良いとのこと。がしかし…どうしても釣行当日にお刺身を味わいたい筆者としてはカルパッチョを作ってみました。

浅場根魚五目釣りで34cm頭に良型メバル連打 肝は根掛かりを恐れぬ心?期待を裏切らない品々(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

クロメバルのカルパッチョをメインに、クロメバル、カサゴ、ムラソイのお刺身少しと、クロメバルのナメロウ、ムラソイの胃袋と皮の湯引き、胸鰭のから揚げ。

クロメバルもムラソイも、お刺身はやはり少し寝かせた方が断然美味しいことはもちろんなのですが、私のように「どうしても釣行当日にお刺身を食べないと気が済まない」という釣り人には、酸味をきかせたイタリアンレシピがオススメです(笑)。

<尾崎大祐/TSURINEWSライター>

▼この釣り船について
宮田丸
出船場所:久慈港

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。