鳥羽沖でタイラバ&ジギング釣行堪能 ブリにマダイと両本命キャッチ

鳥羽沖でタイラバ&ジギング釣行堪能 ブリにマダイと両本命キャッチ

6月に入り、三重県・鳥羽沖のマダイの釣果もちらほらと聞こえてきたことから、6月12日に安楽島の強丸に、タイラバメインのジギング釣行に出かけた。当日はジギングで青物、タイラバでマダイとまずまずの釣果に恵まれたので、その釣行をレポートしたい。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・伊藤新治)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

後半戦はタイラバへ転戦

後半戦に入ると少しポイントを変え、次はタイラバ。潮はよく効いていたので、ヘッドを120g、フックユニットはサンリキプロスペック極をチョイス。ヘッドをフォールさせ、着底後一定の速度で巻き上げる。

鳥羽沖でタイラバ&ジギング釣行堪能 ブリにマダイと両本命キャッチタイラバ用(作図:週刊つりニュース中部版APC・伊藤新治)

巻き上げてくるタナを変更しながら、アタリを探ると早々にヒット。引きからマダイのようだ。アワセは入れず、そのまま一定速度で巻き上げると、40cm弱のマダイだ。

その後しばらくアタリが遠のくが、巻き上げるタナを変えながらパターンを探っていくと、15巻ほど巻き上げ、フォールさせた着底後の3巻きでヒット。どうやら10~15巻きからフォールさせると良さそうだ。

鳥羽沖でタイラバ&ジギング釣行堪能 ブリにマダイと両本命キャッチマダイ(提供:週刊つりニュース中部版APC・伊藤新治)

最終釣果

その後は同じパターンで2匹のマダイを追加し、この日の釣行は終了した。最終釣果はケンカブリ、ハマチ、大サバに狙いのマダイが4匹(1匹はリリース)と満足の釣果だった。

6月後半からはサワラのシーズンにも突入することから、今後も鳥羽の海で十分楽しめそうだ。

<週刊つりニュース中部版APC・伊藤新治/TSURINEWS編>

▼この釣船について
強丸
この記事は『週刊つりニュース中部版』2022年7月1日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。