鳥羽沖でタイラバ&ジギング釣行堪能 ブリにマダイと両本命キャッチ

鳥羽沖でタイラバ&ジギング釣行堪能 ブリにマダイと両本命キャッチ

6月に入り、三重県・鳥羽沖のマダイの釣果もちらほらと聞こえてきたことから、6月12日に安楽島の強丸に、タイラバメインのジギング釣行に出かけた。当日はジギングで青物、タイラバでマダイとまずまずの釣果に恵まれたので、その釣行をレポートしたい。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・伊藤新治)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

タイラバ&ジギング釣行

6月12日、安楽島の強丸に、タイラバメインのジギング釣行に出かけた。当日は午前6時集合ということで、5時半すぎに現地に到着し荷物を船着き場に運び込む。

船長にあいさつし、ジグの重さを確認すると150g以上を使用するようアドバイスをもらったので、TGベイト150gをチョイスした。

鳥羽沖でタイラバ&ジギング釣行堪能 ブリにマダイと両本命キャッチジギング用タックル(作図:週刊つりニュース中部版APC・伊藤新治)

開始早々に反応あり

午前6時すぎに出船し沖のポイントを目指す。沖に出ると周辺では鳥たちが騒ぎ、雰囲気は良さそうだ。船長の合図でまずジギングスタート。

ジグをキャストし、サミングしながらフォールさせていく。着底後はただ巻き後にワンピッチで誘いを入れていく。

船長の指示ダナが底から15mなので、20mほど誘い上げて再びフォールさせる。最初の流しではアタリはなく、船長が少しポイントを調整してくれる。すると着底後にバイトがあったが、これはうまくフッキングできず。しかし反応は良さそうだ。

ファーストヒットはケンカブリ

すると30分ほどすると、再び着底直後にアタリ。大きくアワせると今後はしっかりとフッキング。リールを巻き上げるが、ドラグが音を立てラインが出ていく。なかなかサイズが良さそうだ。

最初の1匹ということで無理をせず、じっくりと巻き上げるとなんと幸先よくケンカブリ。

鳥羽沖でタイラバ&ジギング釣行堪能 ブリにマダイと両本命キャッチケンカブリ(提供:週刊つりニュース中部版APC・伊藤新治)

その後、乗船者もポツポツとワラサ、ハマチがヒットし、私もハマチと大サバを追加する。

次のページは後半のタイラバの模様をリポート!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。