【大分】沖釣り最新釣果 ジギングで大型の夏ブリ13kg堂々浮上

【大分】沖釣り最新釣果 ジギングで大型の夏ブリ13kg堂々浮上

大分県から沖釣り最新釣果情報が入った。ジギングで夏ブリ13kgが浮上。ほかジャンボイサキや80cm座布団級のヒラメなど好ヒット。

大分県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:浩敬丸)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

貴丸

6月12日、大分県杵築市・納屋港から案内している貴丸が泳がせ釣りで大分沖に出船すると、船中ではヒラメ2.5kg頭4尾、ワラサ4.7kg、オオニベ5kgなどを好捕。釣行した後藤さんグループの上杉さんは、ヒラメ2尾とオオニベを仕留めている。

【大分】沖釣り最新釣果 ジギングで大型の夏ブリ13kg堂々浮上良型ヒラメゲット(提供:貴丸)
▼この釣り船について
貴丸
出船場所:納屋港

Soyamaru

Soyamaruは2船体制で出船中。

第一Soyamaru

6月12日、大分県杵築市・納屋港の第一Soyamaruが、イサキ五目便で大分沖に出船すると、序盤はぽつぽつ拾い釣りとなったが、イサキ40cm超え交じりで終盤にはバタバタとアタる流しもあり、乗船者らはいい土産を確保した。船長は「シーズンはこれからですが、ハシリのイサキは脂が乗ってますよ」と話す。

【大分】沖釣り最新釣果 ジギングで大型の夏ブリ13kg堂々浮上40cm級交じりでイサキ確保(提供:第一Soyamaru)

第二Soyamaru

6月10日、大分県杵築市・納屋港の第二Soyamaruが泳がせヒラメ便で大分沖に出船。この日は、釣り開始から良型ヒラメが浮上。数こそ伸びなかったものの、上がってくるヒラメは型揃いで座布団級の70~80cmを好捕。ほかにもブリ6kgやアラカブも交じった。

【大分】沖釣り最新釣果 ジギングで大型の夏ブリ13kg堂々浮上ヒラメ型揃いでキャッチ(提供:第二Soyamaru)
▼この釣り船について
Soyamaru
出船場所:納屋港

照陽

6月12日、大分県大分市・西細港の照陽が大分沖の関アジ釣りに出船すると、この日はご覧のような大型イサキ交えマダイも土産になっている。

【大分】沖釣り最新釣果 ジギングで大型の夏ブリ13kg堂々浮上大型イサキ手中(提供:照陽)
▼この釣り船について
照陽
出船場所:西細港

みくに丸

6月12日、大分県佐賀関・神崎漁港の、みくに丸が大分沖の五目釣りに出船すると、ジャンボイサキ交じりの釣果が上がり、大ダイ9kgも浮上した。

【大分】沖釣り最新釣果 ジギングで大型の夏ブリ13kg堂々浮上ジャンボイサキほか大ダイ9kgも(提供:みくに丸)
▼この釣り船について
みくに丸
出船場所:神崎漁港

浩敬丸

大分県佐賀関・神崎漁港の浩敬丸に最近の状況を聞くと、「5月下旬に大分沖のジギングで大型ブリ13kgがヒットしました!恒例の夏ブリが回遊し始めています!夏は底潮が動かないし暑さとの戦いにもなりますが、潮次第で自己記録が狙えるシーズンでもあります。これが冬だったらと思いますが、パワーは十分なのでぜひチャレンジしてください!」とのこと。詳細は電話で確認を。

【大分】沖釣り最新釣果 ジギングで大型の夏ブリ13kg堂々浮上大型ブリ13kgヒット(提供:浩敬丸)
▼この釣り船について
浩敬丸
出船場所:神崎漁港

<週刊つりニュース西部版 編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2022年6月24日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。