大型イサキ連発のメタルジグ「MAKIE」&「SABAYAN」の秘密に迫る

大型イサキ連発のメタルジグ「MAKIE」&「SABAYAN」の秘密に迫る

梅雨(つゆ)入り前後から、九州北部で本格化してくる夏の好ターゲットのイサキ。北九州市小倉港のSEVENに乗船し、宮崎晃船長に同行。2タイプのジグ「MAKIE」&「SABAYAN」で40cm超えが連発した釣行をレポート。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像撮影:TSURINEWS編集部・西岡宏祐)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

シャローエリアでイサキ釣り

大型イサキ連発のメタルジグ「MAKIE」&「SABAYAN」の秘密に迫るロングキャストしてフォールで食わせる(撮影:TSURINEWS編集部・西岡宏祐)

6月18日、山口県下関市・角島沖へ向けて出船。航行中、宮崎晃船長に状況を聞くと「100尾以上のイサキが乱舞した日もありますよ」とのことで期待が高まる。水深10~15mほどのシャローエリアをドテラで流し、ライトジグをロングキャストしながら広範囲を狙っていくとのこと。

ジグは「MAKIE」と「SABAYAN」

大型イサキ連発のメタルジグ「MAKIE」&「SABAYAN」の秘密に迫るMAKIE(撮影:TSURINEWS編集部・西岡宏祐)

タックルはロッド6.3ft、スピニングリール4000番、PEライン1号、リーダー4号。そして、ガイドサービスセブンのMAKIE(マキエ)とSABAYAN(サバヤン)をスタンバイ。MAKIEはシルエット重視、キビナゴを模したリアルジグで、透明度の高い海域で細長いシルエットの魚を捕食している魚に効果的。マグロ、カツオ、キハダにも効く万能ルアー。

大型イサキ連発のメタルジグ「MAKIE」&「SABAYAN」の秘密に迫るSABAYAN(撮影:TSURINEWS編集部・西岡宏祐)

サバを模したSABAYANは、フォールスピードを最大限に引き出すために弾丸型のシルエットで、流れの速い海域や深場に向いているルアー。こちらもMAKIEと同等のターゲットを射程圏とする。2アイテムとも、テスト段階から現場での実績は十分。

ブレードは「エビ」回避の役割

これらはもちろんノーマルでも使えるが、ジグのリヤにはジグブレードを装着しており、これも同社オリジナルアイテム。

大型イサキ連発のメタルジグ「MAKIE」&「SABAYAN」の秘密に迫るジグブレード(撮影:TSURINEWS編集部・西岡宏祐)

聞くと「ジグブレードの役割は誘いやアピールにもなりますが、これを装着すると水の抵抗を受けるのでエビになりにくいです。どんなピッチでシャクってもその状態にはならないので、釣りの効率が抜群に良くなります。10回投げて2~3回エビになったら、そのロスがすごくもったいないですよね」という。

実際、開始から終了まで一度もエビになるシーンはなかった。ちなみに、トラブルを回避しようと思ったらフロントフックのみが望ましいが、イサキに限っては8割がテールフックに食ってくるとのこと。

次のページで開始早々良型イサキ登場

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。