渓流ルアー釣りで33cm頭にイワナ7尾 事前の航空写真確認が奏功?

渓流ルアー釣りで33cm頭にイワナ7尾 事前の航空写真確認が奏功?

5月17日、岐阜県高山市の宮川支流の渓流ルアー釣行の様子をレポートしたい。午前の釣りは振るわなかったが、航空写真で目星をつけて入った午後のポイントでは、尺イワナを頭に5連チャンもあり楽しめたので、その模様をリポートする。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・戸松慶輔)

Avatar photo TSURINEWS編集部

ルアー&フライ トラウト

ここぞというポイントで33cmイワナゲット

川から上がり予定を済ませると午後3時。まだ不完全燃焼だったため、別の支流へ移動して再入渓した。グーグルマップを駆使し、ようやく良さそうなポイントを見つけて入ってみる。流れの押しが強い深めの瀬で、いかにも魚が着きそうだ。

大きな沈み石のさらに奥へキャストし、トゥイッチを入れながら石の周りを通過させると、流れの中でドン!とトルクのある重みがかかる。水中で魚体をうねらせながら必死に抵抗している魚に、思わず「デカい!」と叫ぶ。慎重にやり取りして寄せた魚は、丸々とした33cmのイワナだ。久しぶりの1匹、しかもこんな大物に大満足だ。

渓流ルアー釣りで33cm頭にイワナ7尾 事前の航空写真確認が奏功?尺イワナキャッチ(提供:週刊つりニュース中部版APC・戸松慶輔)

その後同じポイントでまさかの5連チャン。全てイワナで22~23cmだった。ラインやスピード、トゥイッチを入れるタイミングを変えて狙っていくと、ことごとくハマってくれた。この連チャンを最後に午後5時に納竿とした。

<週刊つりニュース中部版APC・戸松慶輔/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
宮川支流
問い合わせ:宮川漁協TEL=0577(32)7606
この記事は『週刊つりニュース中部版』2022年6月10日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。