外房の船イサキ釣りで36cm頭に50尾手中 シマアジのバラシが心残り

外房の船イサキ釣りで36cm頭に50尾手中 シマアジのバラシが心残り

外房大原でイサキが連日絶好調と聞き、5月19日(木)、春日丸に向かう。開始早々入れ食いとなり、釣果は定量の50尾、型は最大36cm、大半が30cm超と良型揃いだった当日の釣行の模様をリポートする。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版APC・廣瀬正樹)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

春日丸でイサキ釣り

3時半過ぎに船長たちと女将が港に。この日出るのはイサキ船のみ。船長は中井成明さん、仲乗りに中井徹さん。釣り人は左舷トモに野口さん、右舷トモは黒田さん、トモ2番に伊藤さん、ミヨシは常連の池田さん、2番に増岡さん、私は胴の間。

4時5分出船。港を出るといいナギ、快晴でかなり明るくなっている。航程45分で「着きましたから支度して下さい」と船長。ビシにコマセを詰めて下は全閉、上の窓を3分の1くらい開ける。

序盤から入れ掛かり

5時に「はい、やってみましょう、15m。深さ18mくらいしかないから気を付けて」と開始のアナウンス。ビシを指示ダナで止め、3、4秒くらいのインターバルでシャクってコマセを出して待つ。10回シャクり(これでほぼコマセが出きる)巻き上げてコマセを詰め入れ直す。しかし船中ノーヒットで大きく移動となる。

5時20分「やってみましょう。27~25くらいで」と再開。26mのタナでゴンゴンとアタリ、少し待つとギュンギュンと大きく竿先が絞り込まれる。巻き上げると良型イサキのダブル。これを皮切りに入れ掛かり状態に。

外房の船イサキ釣りで36cm頭に50尾手中 シマアジのバラシが心残り本命キャッチ(提供:週刊つりニュース関東版APC・廣瀬正樹)

次第に深くなり、タナ指示は25mから徐々に33mまで変わるが、その間ほぼ空振りなし。それもほとんどダブル。その後も33mのタナで36cmのジャンボサイズ。6時の移動時には良型15尾。

好調継続で大忙し

6時ごろ、「やりましょう。27m」とスタートの合図。ここも指示ダナは徐々に33mまで変わる。この間入れ掛かり。その後も移動を繰り返すが、好調は続く。

外房の船イサキ釣りで36cm頭に50尾手中 シマアジのバラシが心残りダブルでキャッチ(提供:週刊つりニュース関東版APC・廣瀬正樹)

9時10分「やりましょう。25でやってみて」。すると、25分にヒット、重い感触と期待するもムロアジのダブル。伊藤さんに強烈な引込み、残念ながらハリス切れ、シマアジだったらしい。

次のページは良型揃いで50尾ゲット!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。