タイラバ&テンヤ釣行で良型マダイ連打 好ゲストにアマダイも

タイラバ&テンヤ釣行で良型マダイ連打 好ゲストにアマダイも

5月6日、山口県周南市の肌合(はだあわせ)港から出船の直穂丸(なおまる)にお世話になり、山口ケーブルビジョンの「アソビタガール」番組撮影にサポーターとして参加してきた。私は不本意な結果となったが、マダイ、アマダイに加え良型アジなどの釣果に恵まれ、主役が良型マダイを釣り上げ番組的には満足の結果となった。

山口県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・藤井貴之)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

直穂丸でタイラバ釣行

午前6時、カメラクルーなどスタッフも含め11人で出船。約1時間で祝島沖のポイントに到着。水深は60mほど。同船したアングラー含め9人が思い思いのカラーをチョイスしたタイラバを落とす。「底から20mくらいまでは反応がある」とのアナウンスもあり、低速~高速まで試しながらタイラバを巻き続ける。

タイラバ&テンヤ釣行で良型マダイ連打 好ゲストにアマダイもタックル図・タイラバ(作図:週刊つりニュース西部版APC・藤井貴之)

1時間ほどたったころ、船尾で釣りをしていた同船者にヒット。無事60cmクラスの良型マダイが上がった。ヘッドカラーはグリーンゴールド、ネクタイはグリーン&イエロー。私はオレンジ系で攻めていたので、早速マネをして試すも反応なし。しばらくすると、また先ほどの人にヒット。こちらも50cmクラスのきれいなマダイ。今度は赤系統に反応してきたそうで、またまた混乱する。

良型マダイ連続ヒット

その後、しばらく反応もなかったため、少し移動し水深53mのポイントに到着。気分転換も兼ねて、準備していたひとつテンヤを試すことに。すると着底直後に反応が。ひと呼吸待ってアワせると乗ったが重量感はない。難なく上がってきたのは25cmほどの小ダイ。

タイラバ&テンヤ釣行で良型マダイ連打 好ゲストにアマダイもタックル図・ひとつテンヤ(作図:週刊つりニュース西部版APC・藤井貴之)

すると、私の反対側で粘り強くタイラバを続けていた主役の大田理裟さんに待望のアタリ。スタッフは私の魚そっちのけで彼女の動向を撮影。何度か首を振るマダイ特有の引きを見せ、無事ランディングに成功したのは50cm超えの良型マダイだった。

30cm級アジにアマダイも顔見せ

その後もしばらく反応のない厳しい状況が続いていたが、タイラバサビキを使用していた乗船者に30cm級のアジがヒット。すかさず大田さんにもタイラバの上にサビキを装着してもらい、20~30cmクラスのアジが連発。再び見せ場の到来に撮影隊の動きも慌ただしい。

このアジ爆釣タイムも長くは続かず、再び沈黙の時間となったがアングル長府店スタッフの松本さんに久々のアタリ。無事50cm級をゲットした。

タイラバ&テンヤ釣行で良型マダイ連打 好ゲストにアマダイもマダイゲット(提供:週刊つりニュース西部版APC・藤井貴之)

最後は船長お勧めのアマダイポイントでラストチャンスに期待することとなり、30分ほど移動。水深40mのポイントで2流し限定でアマダイを狙うことに。すると、右舷トモで苦戦を続けていた女性アングラーに待望のヒット。見事50cm級のアマダイを釣り上げ、船内も祝福の雰囲気でストップフィッシング。

次のページで当日の最終釣果を発表!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。