釣り未経験者でも分かる:フカセ釣りのキホン 1回の釣行費用はいくら?

釣り未経験者でも分かる:フカセ釣りのキホン 1回の釣行費用はいくら?

「フカセ釣り」という言葉は聞くけど、どんな釣り方なのかよく知らない人も多いのでは?今回は初心者にもわかるように、磯や波止で楽しむフカセ釣りについて解説しましょう。

(アイキャッチ画像撮影:TSURINEWS関西編集部)

TSURINEWS編集部

海釣り 磯釣り

フカセ釣りってどんな釣り?

まずはフカセ釣りがどんな釣りなのかを紹介します。

どんなタックルを使うの?

基本5m前後の1~1.5号のサオを使用し、リールは3号のミチイトを150m巻けるクラスを使用します。ウキ下を魚の捕食するタナに合わせた1本バリ仕掛けを使用。ウキなどは円錐ウキ、棒ウキなどいろいろありますが、イトがらみなどのトラブルを考えれば、中通しの円錐ウキを使用するのが、入門者には無難でしょう。

どんな仕掛けで釣るの?

仕掛けを作るのもさほど難しいことではなく、ミチイトとハリスの直結、ハリの結びを覚えれば問題なく釣りができます。基本フカセ釣りの仕掛けはシンプルなものなので、初心者には持ってこいの釣りだと思います。

どんなエサを使うの?

エサはさしエサ(ハリに付ける魚に食わせるエサ)、まきエサ(魚を寄せるエサ)ともにオキアミを使用します。まきエサに関しては、オキアミにパン粉などを混ぜ合わせて、エサのまとまりをよくすることで遠投できるようにし、遠いポイントに対応します。

釣り未経験者でも分かる:フカセ釣りのキホン 1回の釣行費用はいくら?私が愛用しているエサ類(撮影:TSURINEWS関西編集部)

どうやって釣るの?

まきエサをまいて、それに合わせるように仕掛けを振り込んで、さしエサとまきエサの同調を意識しながら、潮に乗せて流していく感じです。要はまきエサの中にさしエサを紛れ込ませて、カモフラージュする感覚です。

どんな場所で釣るの?

フカセ釣りのポイントは、磯・波止がメインですが、船から釣らせてくれる船宿もあります。

歩いてアクセスできる地磯もありますが、急な天候の変化や足元が悪かったりするので、慣れないうちは渡船を利用して行くのが安全です。船長に狙いたい魚種などを伝えれば、磯の地形や魚の付き場、狙い場所などを親切に教えてくれるはずです。

釣り未経験者でも分かる:フカセ釣りのキホン 1回の釣行費用はいくら?一級ポイントを独り占め(撮影:TSURINEWS関西編集部)

波止

波止釣りでも十分フカセ釣りを楽しめますが、競争率も結構高く他の釣り人と十分なスペースを取れないこともあるので、行く前に情報招集が必要です。釣りエサ店などで聞くと、思わぬ情報が聞けることも多々あります。

次のページでターゲットと釣行予算について解説!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。