フカセ釣りの【超基本】 釣行費用・道具・釣り方まで入門者向けに解説

フカセ釣りの【超基本】 釣行費用・道具・釣り方まで入門者向けに解説

「フカセ釣り」という言葉は聞くけど、どんな釣り方なのかよく知らない人も多いのでは?今回は初心者にもわかるように、磯や波止で楽しむフカセ釣りについて解説します。またもう少し詳しく解説したTSURINEWS内の個別記事も項目ごとにリンクしているため、興味があればそちらもお読みください。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWS関西 編集部)

TSURINEWS編集部

海釣り 磯釣り

フカセ釣りってどんな釣り?

本来のフカセ釣りはウキを使わず、仕掛けを海中にナチュラルに漂わせて魚を誘う釣り方を指します。

ただ、最近ではウキを付けて仕掛けを漂わせる「ウキフカセ釣り」のことを「フカセ釣り」と言うことが多くなりました。この記事でもこのウキフカセ釣りの基本について解説します。

フカセ釣りの場所

フカセ釣りのポイントは、磯・堤防がメインですが、船や筏から釣らせてくれる船宿もあります。

歩いてアクセスできる地磯もありますが、急な天候の変化や足元が悪かったりするので、慣れないうちは渡船を利用して行くのが安全です。船長に狙いたい魚種などを伝えれば、磯の地形や魚の付き場、狙い場所などを親切に教えてくれるはずです。

磯は危険を伴う場所なのでライフベストの着用や、滑らないブーツの装備など安全対策は万全に行って釣りをしましょう。

堤防(波止)

波止釣りでも十分フカセ釣りを楽しめますが、競争率も結構高く他の釣り人と十分なスペースを取れないこともあるので、行く前に情報招集が必要です。釣りエサ店などで聞くと、思わぬ情報が聞けることも多々あります。

筏や船釣り

筏(いかだ)や船からもフカセ釣りが可能です。足場もよく、沖の好ポイントを狙えるため釣果を得られやすいです。筏は設置場所によって水深や釣れる魚が変わってくるので、事前に船宿に確認しましょう。

予算はどれくらい?

釣行費用は行く場所にもよりますが、紀伊半島で考えると、渡船代が3500~5500円。エサ代は3500~5000円程です。ここでのエサ代はオキアミ3kg3枚の計算ですが、初心者の方は合計9kgも使用しないかもしれません。

消耗品は針、ウキなどですが最初から高額なものは必要ないと思います。釣り具店やエサ店で聞けばおすすめを教えてくれるはずです。

フカセ釣りの【超基本】 釣行費用・道具・釣り方まで入門者向けに解説一級ポイントを独り占め(撮影:TSURINEWS関西編集部)

フカセ釣りってお金がかかる……というイメージがあるかもしれませんが、沖の一級ポイントをほぼ一人占めできて、一日のんびり楽しめることを考えれば、そう高くもない気がします。

次のページでフカセ釣りのタックルを解説!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。