陸っぱりエサメバル釣りで25cm級頭に好釣 カサゴやイシモチ交じりで堪能

陸っぱりエサメバル釣りで25cm級頭に好釣 カサゴやイシモチ交じりで堪能

三角港周辺(熊本県宇城市)のメバルが本番を迎えた。1月20日に釣行した際は、イシモチやカサゴ交じりで好釣果に恵まれたので、その時の模様をリポートしたい。

熊本県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター松田正記)

Avatar photo
松田正記

TSURINEWSの〝レシピ〟が好きすぎて「藤まる食堂」をオープン。いろいろな釣りを紹介する地元(熊本)の釣りガイド。最新の釣果情報と魚料理のリアル二刀流です。

×閉じる

海釣り 堤防釣り

メバルの釣期

三角港周辺のメバルは冬から春がシーズン。日中よりも夜のほうが釣れる確率も高く、ビワコエビなどをエサにした電気ウキ仕掛けで狙う。

型は15~20cmが平均サイズで、まれに25cmほどの大型が交じる。今季も例年通りの釣果が出ており、まさに今が本番だ。

陸っぱりエサメバル釣りで25cm級頭に好釣 カサゴやイシモチ交じりで堪能三角港周辺略図(作図:TSURINEWSライター松田正記)

まさかの無反応

当日は午後8時ごろに現着。北寄りの風がやや強く、かなり寒い。そのためか、ほぼ貸し切り状態だ。まずは同港で最も実績のある外灯下から攻めてみることに。

ウキは遠近自在に探れるLFスマート、ハリは細軸で生きエサが弱りにくい速手チヌを選択し、2ヒロほどのタナから探ってみた。

陸っぱりエサメバル釣りで25cm級頭に好釣 カサゴやイシモチ交じりで堪能当日の仕掛け(作図:TSURINEWSライター松田正記)

移動して1投目

3~4回手返しするものの、全く反応がない。そこで釣り座を少し移動し、外灯の明かりが届かない場所に構えた。

その1投目だった。ウキがじわりと沈み、アワセを入れると乗った。最初の1尾だけに、慎重にやり取りすると、重量感がある。ゆっくり浮かせたのは20cmを超す良型のメバルだった。

誘い奏功

アタリは続かず、すぐ近くの波止に移動。ここでは15cmほどが連発したが、アタリの間隔が遠いので、少し誘いをかけてみることに。

これが奏功し、同型のカサゴや23cmほどのイシモチも交じり、パターンをつかんだ。

次のページで25cm近い大型メバル登場

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。