船での「イシダイ五目釣り」シーズン到来 多彩ゲストでお土産十分

船での「イシダイ五目釣り」シーズン到来 多彩ゲストでお土産十分

剱崎沖のイシダイ五目船に乗ってきました。剱崎沖は仕立て船でしか狙うことができない、かなりコアなこの釣り、釣り方を含めレポートします。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

尾崎大祐

埼玉県在住。二児のパパで趣味はサラリーマン。釣りをはじめとした食材採取に全精力を注いでいます。

×閉じる

船釣り エサ釣り

最終釣果

その後は船中アタリが少なくなっていき、沖上がりの時間が近づいてきました。ポイントが港からすぐ近くということで、早々にクーラーボックス内の写真撮影をし、氷をまんべんなく魚にあてつつ沖上がりの準備をしていると、いきなりサオがズドン!最後にこの日2本目のイナダを確保しゲームセットとなりました。

クロダイ1匹(31cm)、イナダ2匹(48、54cm)、アジ15匹(22~26cm)。私自身、本命を釣ることは叶いませんでしたが、もうダメかと思われた終了1時間前に、仲間の手により1匹浮上し、船中大盛り上がりになった光景は正に仕立て船ならでは。もう、自分が釣ったかのような嬉しさでした。

船での「イシダイ五目釣り」シーズン到来 多彩ゲストでお土産十分さらにイナダ1匹追加!(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

塩イナダ

帰港後、船長が釣り以上に熱い口調?で勧めてくれた塩イナダ(塩ワラサ)という料理法。帰宅後もちろん作ってみました。

作り方は簡単。しっかり血抜きした(これ重要!)イナダに塩を適量ぬり、ビニール袋に入れて一晩冷蔵庫に入れておくだけ。

基本、頭もウロコも内臓も取らないそうですが、一晩より長く冷蔵庫に入れておく場合は内臓のみ取るそうです。この時の注意点は、皮目のみに塩を塗り、腹内部には塗らないこと。

1週間くらいは大丈夫と言っていましたが、我が家はお刺し身としゃぶしゃぶにして、翌日の晩に全て消費してしまいました。

船での「イシダイ五目釣り」シーズン到来 多彩ゲストでお土産十分塩をたっぷり塗りたくる!(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

イナダの身は適度な水分が抜け、脂分と旨味がしっかり凝縮され、少々飴色を帯びたモチモチのそれに変身。お刺身はもちろん、しゃぶしゃぶも絶品でしたよ!

船での「イシダイ五目釣り」シーズン到来 多彩ゲストでお土産十分寝かせた後は普通に捌くだけ(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

イナダ(ワラサ)が釣れた時は是非試してみてください。

<尾崎大祐/TSURINEWSライター>

▼この釣り船について
利一丸

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。