船での「イシダイ五目釣り」シーズン到来 多彩ゲストでお土産十分

船での「イシダイ五目釣り」シーズン到来 多彩ゲストでお土産十分

剱崎沖のイシダイ五目船に乗ってきました。剱崎沖は仕立て船でしか狙うことができない、かなりコアなこの釣り、釣り方を含めレポートします。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

尾崎大祐

埼玉県在住。二児のパパで趣味はサラリーマン。釣りをはじめとした食材採取に全精力を注いでいます。

×閉じる

船釣り エサ釣り

前半戦は好ゲスト連発

出船前に船長「水温高いので本命は型が見られれば」とポツリ。HPの釣果情報を確認していたので何となくわかってはいたのですが、改めて一抹の不安がよぎります。とはいえ、ゲスト豊富な剱崎沖。今日はイシダイにこだわらずにやっていこうと決心。

港内で待機していた船は朝7時に走り出し、すぐにポイント到着。早速出船前のレクチャー通りにやってみます。

指示ダナは18~23mと浅め。2回指示ダナを通過させて仕掛けを回収するも、エサはそのまま。朝イチはエサ取りお留守のようです。しかし、周りではポツポツイナダやクロダイ、メジナが上がり始めていました。そして私も後に続きます。

船での「イシダイ五目釣り」シーズン到来 多彩ゲストでお土産十分31cmの丸々太ったクロダイ(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

残念ながら本命かどうかはさっぱりわからなかったのですが、悔しいすっぽ抜けも2度はさみつつ、しっかり晩御飯分のお土産は確保。

船での「イシダイ五目釣り」シーズン到来 多彩ゲストでお土産十分良型イナダも!(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

中盤戦にアジ入れ食い

日が高くなり、エサ取りが活発になってきた頃合いを見計らって、船長ちょっと深めの水深60mのポイントに移動。こうなるとちょっと手巻きは厳しいかも。次回は電動リール持ち込もうと思います。

仕掛けを下ろし、だいぶ慣れてきた船長直伝のシャクリを再開。すると、サオ先がブルブルッ。直感的に「これはアワセを入れてはいけないな」って思いリールを巻くと、予想通り正体はアジ。そしてここから20~25cmサイズが入れ食いとなりました。

船中1尾目のイシダイ登場

みなさんある程度のお土産を確保。すると幹事さん、「もうアジはいいよ、イシダイのポイントに行こうぜ」とは言いませんでしたが、明らかにこういったオーラをかもし出していました(笑)船長もそのオーラを読み取って、アジの入れ食いタイムはまだ続いているにもかかわらず移動を決断。朝イチのポイントに戻ります。

予想通りアタリはほぼなくなってしまいましたが、エサ取りの活性はさらに上がり、付けエサの消費がさらに早くなっていきます。この状況がしばらく続き、我慢のコマセワークを続けていると、周りでポツポツクロダイやウマヅラが上がりはじめます。

そして残り時間1時間を切ったところで船の反対側で歓声が!

船での「イシダイ五目釣り」シーズン到来 多彩ゲストでお土産十分仲間に値千金の本命が(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

30cmに満たないサイズですが、イシダイはイシダイ。本命の浮上に船中大盛り上がり(笑)

次のページで最終釣果を発表!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。