陸っぱりミズイカエギングで800g頭に3尾手中 好ゲストにコウイカも

陸っぱりミズイカエギングで800g頭に3尾手中 好ゲストにコウイカも

熊本県の天草で、ミズイカ(アオリイカ)の釣果が上向いていきた。数は少ないものの、出れば型はいい。12月5日に釣行した時の様子をリポートする。

熊本県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター松田正記)

松田正記

TSURINEWSの〝レシピ〟が好きすぎて「藤まる食堂」をオープン。いろいろな釣りを紹介する地元(熊本)の釣りガイド。最新の釣果情報と魚料理のリアル二刀流です。

×閉じる

ソルトルアー エギング&イカメタル

ベタ底で追釣

「もう終わりか」と思いつつも、試しにシャクリ後のステイを長くしてみると、ベタ底でアタリが出た。「これもコウイカか」。バラさないよう静かにリールを巻くと、意外にも400g級のミズイカだった。

その後、イカの反応はなく、午前8時ごろに納竿。わずか3時間のサオ出しだったものの、納得の釣果に恵まれた。

同港のミズイカは例年2月ごろ、水温の低下で一時的に釣れなくなる。再び上向くのは3月ごろから。朝マヅメに釣果が集中する傾向にあることから、次回はもっと効率よく攻めたい。

<松田正記/TSURINEWSライター>

▼この釣り場について
大江漁港

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。