ボートタイラバゲームで75cm大型マダイ 好ゲストに73cm青物も登場

ボートタイラバゲームで75cm大型マダイ 好ゲストに73cm青物も登場

大潮。大分市の弁天港から村山船長のマーキュリー号で5号地沖へタイラバに出撃。船長は73cmの青物、私は75cmのマダイをキャッチしたので、その模様をお届けする。

大分県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・甲斐英一郎)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

75cm大ダイ浮上

さて、同じような仕掛けの私にも何かこないと、また寂しい思いを抱えて帰らねばならない。祈るような気持ちで巻き続けていると、船長が釣った青物の余韻が残る中、ギギギーとリールが鳴く。いや悲鳴を上げた。

私にもついに待望のアタリがでたが、リールは鳴り続け、サオはしなりっぱなし。久々の大物の予感。サオはチャンネルマークⅡ(2.7m)、リールはグラップラーCT150XGとして青物の引きに十分対応できるものとしていた。

主導権はこちらが握り、トルクを効かせながらゆっくり着実に巻き上げていった。目の前に現れたのは、なんと70cmはあろうかという大ダイ。船長がタモですくってくれたが、これも体が半分くらいしか収まらない。尾ビレをつかんで船上へ引き上げてくれた。

計測すると75cm、計量では5kgあった。どデカい。「やったやった」と、久々に手放しで喜んだ。船長に感謝。大分の自然に感謝。

ボートタイラバゲームで75cm大型マダイ 好ゲストに73cm青物も登場筆者は待望の大ダイ75cmをキャッチ(提供:週刊つりニュース西部版APC・甲斐英一郎)

<週刊つりニュース西部版APC・甲斐英一郎/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2021年11月26日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。