ボートタイラバゲームで75cm大型マダイ 好ゲストに73cm青物も登場

ボートタイラバゲームで75cm大型マダイ 好ゲストに73cm青物も登場

大潮。大分市の弁天港から村山船長のマーキュリー号で5号地沖へタイラバに出撃。船長は73cmの青物、私は75cmのマダイをキャッチしたので、その模様をお届けする。

大分県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・甲斐英一郎)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

弁天港発でタイラバ

11月6日、大潮。午前6時30分前、大分市・弁天港に行くと村山船長がマーキュリー号に乗って出船準備をしていた。船首の黄色いロープを私が外していよいよ出船。波も穏やかに見えて釣りびよりと思われるが、港内の船はほとんど出ていない様子。

6時30分に出船し、河口に出ると穏やかに見えた波は、じつはウネっていた。船長のマーキュリー号は波を切るのではなく、波に任せながらゆっくり5号地沖へと進む。

5号地テトラでは3人ほど釣り人の姿が見られた。そこを背にして水深40mの場所からドテラ流しでどちらの方向に流れるか2人で試してみることにした。

船酔いしつつ着底&巻き上げ

ウネった波が沖から向かってくるため結構揺れる。あまりにも揺れ続け気分が悪くなってきた。船は岸に向けてゆっくり流れていく。

やがて水深31m地点で魚探に少し反応が出たようで、底付近に魚影らしきものが見えるとのこと。ひたすら着底とただ巻きを繰り返す。が、私は船酔い状態でまたもや意気消沈。

船長のタイラバは、鯛乃実80g(シルバーピンク)に紅牙のネクタイを装着している。私は、純正の鯛乃実80g(シルバーピンク)を使う。

時合い突入で船長に青物

ここで船長にアタリがでたが、上がっていたのはシロサバフグ。次も船長にアタリがあり、20cmのマダイが釣れた。

時合いなのか、今度は底付近で大きなアタリ。ドラグ音が響いてラインが出され続け止まらない。リールのカウンターを見ていると6mまで寄せたのに、また13mくらいまで一気に出される。

4、5回の締め込みの後、やっと上がってきたのは青物で計測すると73cmの大物。私がタモで頭からすくったが半分しか入らない。

船長は尾ビレをつかみ、やっとの思いで船に引き上げた。青物の重さは3.5kgもあり、持って帰る時には20Lのクーラーから体の3分の1が露出した状態。

ボートタイラバゲームで75cm大型マダイ 好ゲストに73cm青物も登場村山船長は73cmの青物を手中(提供:週刊つりニュース西部版APC・甲斐英一郎)

次のページで75cm大ダイが浮上

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。