【2021東海】盛期迎えたハゼ釣りを楽しもう 代表的な4つの釣りを解説

【2021東海】盛期迎えたハゼ釣りを楽しもう 代表的な4つの釣りを解説

夏から秋にかけて盛期を迎えて手軽に狙えるハゼ。今回はそんな簡単でありながら奥が深いハゼ釣りについて紹介したい。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

ハゼ釣りのポイント選び

基本的にハゼが生息するのは主に汽水域。湾奥の河口域や漁港内などの比較的浅いエリアに多い。この地方でいえば、木曽三川の河口や名古屋港、四日市港などの工業港。三河湾側では、豊橋港周辺や豊川河口域など。また静岡県の浜名湖は、全域がハゼ釣りのポイントといっても過言ではない。

行き先を決めずに走って、目についた漁港の船だまりや小さな河口があれば、サオを出してみるのも面白い。思わぬ爆釣ポイントを発見できるかもしれない。

ハゼの釣り方

タックル別に釣り方を解説しよう。

【2021東海】盛期迎えたハゼ釣りを楽しもう 代表的な4つの釣りを解説アメ色の魚体はこの時期の風物詩(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

ウキ釣り&ミャク釣り

まずはウキ釣り、ミャク釣りに適したポイントについて。流れが比較的緩く、水深は1.5m未満の浅場であること。ウキ釣りは、エサは底ギリギリをはわせるようにウキ下を調整することが最大のキモとなる。

エサが底を離れてしまうと、極端にアタリが減るのでこの点だけは注意したい。ウキが消し込まれたら、ひと呼吸おいてサオを立てるだけ。早アワセは禁物だ。個人的には最も釣趣が深い釣り方だと思っている。

ミャク釣りはオモリを底に着け、穂先が少し曲がる程度にテンションをかけた状態で待つ。アタリは穂先に明確に出るので、引き込まれたタイミングで同じくサオを立てる。ウキ釣りよりアタリが手元にダイレクトに伝わるのが、ミャク釣りの魅力だ。

チョイ投げ釣り

チョイ投げは数を釣りたい人にオススメの釣り方だ。ポイントとしては、沖にカキ殻や障害物が少なく、フラットな地形であることが条件になる。オモリと仕掛けをズルズル底を引きずってくるため、この釣りの最大の敵は根掛かりだ。

釣り方としては、投げる、着底させる、リールを巻いて底を引きずってくる、だけのことだが、いくつかキモがある。まずオモリが着水したら、すぐにリールのベールを返してオモリを手前へ引くこと。こうすることで仕掛けがテンビンやミチイトに絡むことを防げる。

【2021東海】盛期迎えたハゼ釣りを楽しもう 代表的な4つの釣りを解説チョイ投げは広範囲を探ろう(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

また底を引きずってくるとき、少し重みを感じるような所にしばらく仕掛けを止めておくこと。こういった場所はフラットな地形でも変化のある所になるので、そういった所にはハゼが集まりやすい。

アタリがあったらいったん仕掛けを止めて、食い込ませる間を作ってやろう。群れを見つけたらダブルで掛かってくることもザラだ。ウキ釣りやミャク釣りと違って、広範囲を探れることが最大の強みとなるので、遠近くまなく探って魚のたまり場を見つけよう。

ハゼクラ

ルアーで狙うハゼクラは、ここ数年最も手軽で簡単なルアーゲームとして注目を集めている。ルアー釣りというと、シーバスや青物のように小魚を捕食するフィッシュイーターを狙うイメージが一般的だが、ハゼも十分ルアーのターゲットになる。ハゼに限らず、とにかくルアーで魚を釣ってみたい!という人にはオススメの釣り方だ。

この釣りでは、水深が最も重要になる。ポイントとしては水深1m未満の超浅場が理想。ルアーのリップが底を擦って砂煙を上げられるほどの水深が条件だ。ルアーは前述の通りクランクベイトといわれるプラグを使う。

ハゼクラ人気を受け、一部のメーカーからハゼクラ用のクランクが発売されているが、ニジマスの管理釣り場でクランクベイトでも十分代用できる。その際はディープタイプ、つまり深く潜るタイプのクランクを選ぼう。

【2021東海】盛期迎えたハゼ釣りを楽しもう 代表的な4つの釣りを解説ルアーで狙うハゼクラも人気(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

釣り方はキャストして巻くだけ。ただし、クランクのリップが底に当たるぐらいのスピードで巻くこと。フローティングタイプであれば、巻かずに放置すれば浮いてしまうので、まずハゼは釣れない。リップが底に当たり、なおかつしっかりルアーが泳ぐスピードを見つけよう。

この釣り方も広範囲を探れることが武器のひとつ。エサほど魚からのレスポンスは早くないものの、活性が高ければわれ先にルアーを追いかけてくる。ただし、活性が低いときはルアーに見向きもしないので、そんなときは諦めてチョイ投げやウキ釣りに切り替えよう。

次のページで魚の保管方法と注意点を紹介

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。