【2021東海】盛期迎えたハゼ釣りを楽しもう 代表的な4つの釣りを解説

【2021東海】盛期迎えたハゼ釣りを楽しもう 代表的な4つの釣りを解説

夏から秋にかけて盛期を迎えて手軽に狙えるハゼ。今回はそんな簡単でありながら奥が深いハゼ釣りについて紹介したい。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

ハゼ釣りの魅力

ダボハゼという言葉があるように、ハゼはとにかく貪欲だ。目に前に来たエサに躊躇なく飛びつき、初めて釣りをした人でも比較的簡単に最初の1匹を手にできる。

【2021東海】盛期迎えたハゼ釣りを楽しもう 代表的な4つの釣りを解説かわいい顔の人気者(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

いずれもポイントと時期を間違えなければ、ほぼ確実にターゲットを手にすることができる。だが言い換えれば、ポイントと時期を間違えると、下手をしたらボウズなんて最悪の結果になることもある。

ハゼ釣りの種類

そんなハゼの釣り方は主に4通り。ノベザオを使ったウキ釣りとミャク釣り。リールザオを使ったチョイ投げ釣り。そして近年人気上昇中のルアーでハゼを狙う、ハゼクラだ。

【2021東海】盛期迎えたハゼ釣りを楽しもう 代表的な4つの釣りを解説タックル図(作図:週刊つりニュース中部版 編集部)

ウキ釣り&ミャク釣り

3.6~4.5mのノベザオを用意する。量販店の格安品で十分。これにミチイト1号、ハリス付きのハリ、極小サルカン、棒ウキor玉ウキ、カミツブシオモリが基本的な道具立てだ。

チョイ投げ釣り

基本的に投げることができれば何でもいい。バスロッド、エギングロッド、コンパクトロッドなどなど。アタリを感知しやすいPEラインに、15cmほどの片テンビン、市販のチョイ投げ仕掛けがあれば、釣りが成立する。

ハゼクラ

そして最後にハゼクラ。ハゼをルアーで狙うには、クランクベイトと呼ばれる小型のプラグを使用する。これを投げて底まで沈め、あるいは巻くことで潜らせて底をゴツゴツたたいてハゼを誘惑する釣り方。

専用のサオはないので、管理釣り場用のトラウトロッドや、メバリング用の極軟調子のサオがオススメだ。合わせるリールは1000~2000番程度のスピニング。ラインはフロロカーボンラインの3lb(約0.8号)といったタックルが使いやすいと思う。

ハゼ釣りのエサ

最も手に入りやすく安価なイシゴカイが一番。アオイソメしかなければ細めを購入しよう。

【2021東海】盛期迎えたハゼ釣りを楽しもう 代表的な4つの釣りを解説カワイイ顔に似合わずエサには貪欲(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

他にミミズやオキアミでも釣れるが、イシゴカイがあれば十分事足りる。量は1人で半日なら1杯もあれば十分だ。

その他の装備

真夏の日差しはとにかくキツイ。帽子は必ず着用しよう。目の保護も兼ねて偏光グラスもあると便利だ。そしてクーラーボックスには、必ず多めの氷を入れておき、飲み物は十分な量を用意しておこう。

他には魚を入れるジップロック、ハリをのまれたときのハリ外し、手や汗を拭くタオルは3枚以上、ハサミ、バケツなどもあると便利だ。

次のページはタックル別に釣り方を解説!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。