ウナギ釣りで連続釣果更新中 今期最大70cmも登場【揖斐川&木曽川】

ウナギ釣りで連続釣果更新中 今期最大70cmも登場【揖斐川&木曽川】

ウナギは最盛期、ということで7月中から下旬に揖斐川と木曽川の下流域へ釣行した。揖斐川下流域と木曽川下流域へ釣行した模様をお届けする。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・石川友久)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り ウナギ釣り

まずはエサの調達から

7月16日はエサのミミズ採りから始まった。朝食後、ドバミミズを確保するため自宅周辺を探索。最近は販売されているが、今回は勉強も兼ねて自分で確保することにした。

ウナギ釣りで連続釣果更新中 今期最大70cmも登場【揖斐川&木曽川】公園でミミズをゲット(提供:週刊つりニュース中部版APC・石川友久)

自宅は名古屋市内。舗装されていてミミズがいそうな場所を見つけられなかったが、公園の林に枯れ葉がたまっているところを見つけた。枯れ葉をかき分けると湿り気があり、ドバミミズを発見。市内でも探せばいるのだなと思った。大型だけ採取、2時間で2日分のエサを確保できた。

揖斐川河口でウナギ狙い

午後5時、揖斐川河口域に到着して準備を始める。潮は小潮で、干潮は午後4時9分、満潮は10時31分。開始時は潮の影響を受けて下流から上流へ流れている。上げ潮となる10時までが狙いめと予測した。サオは3本。流れが速いのでスパイク付きのオモリ25号をチョイスした。

ウナギ釣りで連続釣果更新中 今期最大70cmも登場【揖斐川&木曽川】タックル図(作図:週刊つりニュース中部版APC・石川友久)

午後7時に最初のアタリがあり、アワセを入れると魚が引く手応えを感じたが、すぐに軽くなった。回収すると、わずかにミミズの断片が残っていた。長いミミズを使っているので、ハリ掛かりさせるためには多少待つ必要があるのだろう。

午後7時30分にもアタリがあり、待ってみたがそのまま終了。ハリの掛かった部分の手前から食いちぎられていたので、次は縫い刺しにする。

今季最大70cmが登場

再びチャンスが到来、午後8時に小さなアタリがあり、サオが大きくしなったところでアワせてハリ掛かりさせた。魚は暴れてなかなか上げることができなかったが、無理せずテンションをキープしながらゆっくりリールを巻くと、やがて目の前に長い魚体が。表層まで上げてくると軽くなり、そのまま一気に大型ウナギを引き抜いた。

ウナギ釣りで連続釣果更新中 今期最大70cmも登場【揖斐川&木曽川】今季最大のウナギ手中(提供:週刊つりニュース中部版APC・石川友久)

この日は午後10時に納竿。帰宅後に計測すると体長が70cmもあり、今年の最大記録を更新。1匹だったが大型がゲットできて満足だ。

次のページは2日目も本命ゲット!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。