今さら聞けないオモリグのキホン:代表的な誘い方とアタリのとり方

今さら聞けないオモリグのキホン:代表的な誘い方とアタリのとり方

近年ますます人気となっているオモリグ。今回は、これから入門される方に向けて、基本のオモリグの誘い方とアタリのとり方について解説しましょう。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター堀籠賢志)

堀籠賢志

フライフィッシング、バス、シーバス、鮎釣りなど様々な釣りを経験。現在はジギングとイカ釣りを広く楽しんでいます。東北地方の面白い釣りを紹介する事で震災復興に繋げたいという熱い気持ちで活動中。

×閉じる

ソルトルアー エギング&イカメタル

フッキングはスイープに

アタリがティップに出たら、一呼吸置いてからロッドエンドを平行に移動する感覚でアワせます。

犯しやすい失敗は、早アワセです。ティップがユックリと引き込まれると同時に慌ててアワセを入れると、ハリ掛かりしないことも多くなります。

今さら聞けないオモリグのキホン:代表的な誘い方とアタリのとり方フッキングはスイープに(提供:TSURINEWSライター堀籠賢志)

イカが今、まさにエギに触腕を掛けて引き込み、抱きつく前にアワセを入れると掛からなかったり、直ぐにバレてしまったりが多くなります。

合せのタイミングは、はやる気持ちを抑えて、ティップが持ち込まれてから、ユックリとアワせることがフッキングでは大事です。

<堀籠賢志/TSURINEWSライター>

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。