ボート&カヤックフィッシングで沖縄の海を堪能 10kgアーラミーバイも

ボート&カヤックフィッシングで沖縄の海を堪能 10kgアーラミーバイも

コロナ禍で思うような移動が出来にくい日々だが、いずれ解放された折にはぜひ体験して頂きたい、沖縄でのオススメのフィッシングプランをご案内する。

沖縄県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 大野城市・高原稔)

TSURINEWS編集部

船釣り シーカヤック

沖縄のオススメフィッシングプラン

沖縄でのオススメのフィッシングプランは、慶良間諸島・座間味島でのボート&カヤックで、SLJ(スーパーライトジギング)やひとつテンヤ釣りを楽しむというもの。

行程は那覇空港から車で約15分の泊港から高速船で1時間、フェリーでは2時間で行ける座間味島。青い海が綺麗な沖縄でも、座間味島はさらにすばらしい海の色をしている。

その座間味港からすぐのホテル「オシアナポートビレッジ座間味」の「釣り人のための特別な宿泊プラン」を利用し、オプションのカヤックやボートフィッシングを楽しむというものだ。

当日のタックル

今年の春、座間味港から船で約20分の航程の慶留間島沖で釣りをしてきた。同行のみっぴさん(秋丸美帆さん、以下みっぴ)はSLJで、私はひとつテンヤでトライと、それぞれ違う釣りでスタートした。

ボート&カヤックフィッシングで沖縄の海を堪能 10kgアーラミーバイも当日のタックル(作図:週刊つりニュース西部版 大野城市・高原稔)

多彩な魚たちがお出迎え

すると早速ハンゴーミーバイ、ナガジューミーバイといった赤い根魚系がぽつぽつとアタってきた。

その後、渡嘉敷島沖へ移動して納竿時間に近くなった時にみっぴのリールからドラグ音が鳴り響いた。ロッドがきれいな弧を描きながら水面に見えて来たのは沖縄の船釣りで人気のターゲット、良型のアカジン(スジアラ)だった。ルアーはSLJでは鉄板の「ソルティガTGベイトSLJ」。

次のページではカヤックフィッシングの模様を紹介

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。