釣り人的大衆魚「カサゴ」が市場では高級魚のワケ 1kg4000円の時も?

釣り人的大衆魚「カサゴ」が市場では高級魚のワケ 1kg4000円の時も?

カサゴは釣り人にとって馴染み深い魚だ。どういうエサでもルアーでも釣れる。そして通年釣れる。そんな釣り人目線での大衆魚が、なぜ市場では「高級魚」とされるのだろうか?

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

その他 お役立ち

釣魚は基本的に売れません

カサゴが1kg955円!?旬はもっと高くなるなら、冬はガチガチにカサゴゲームして朝市場に売りに行こう!なんて安直に思ってはいけない。釣魚は基本的に買い取ってもらえない。以前、私の知り合いが同じく高級魚といわれる大きなシーバスを釣って明石の朝市に持っていったところ、「100円ならいいけど」と言われたそうだ。

漁業組合などに入っていないと釣魚は買い取ってもらえない。逆に言うと、そのような組合に入っていると、釣魚は底引き網で引いたものより高く買い取ってもらえるようだ。底引き網で引いたものは、魚体同士が擦れ合いながら窒息死して上がってくる、いわば野締めの状態。

釣り人的大衆魚「カサゴ」が市場では高級魚のワケ 1kg4000円の時も?野締めのアジは目が白濁する(提供:TSURINEWSライター井上海生)

その点、釣魚はハリが口に掛かっただけで、活かしで持っていくこともできる。そのような魚だけを買い取るお店やお寿司屋さんがある。

淡路島の沖合で釣れるよく肥えたブランドアジは、漁師に釣られてから板前のところにいくまで、誰の手にも触られない。アジにとって、人間の手は火傷に近いので、身が悪くなるからだ。そのブランドアジ1匹のお値段やいかに…。漁師さんのみぞ知る。

釣ったカサゴを食べてみよう

閑話休題。話をカサゴに戻すと、底引き網には入らないゆえに高級魚という一面も持つカサゴを、海の釣り師は釣ってしまえば特権的にタダ同然で食べられる。高級魚カサゴは釣って売ろうなんて邪な気持ちをは捨てて、釣って食べてしまおう。

筆者はフライやお味噌汁、煮付け、塩焼き、刺身などで味わっている。刺し身はきれいな白身で、格別の味わいだ。

釣り人的大衆魚「カサゴ」が市場では高級魚のワケ 1kg4000円の時も?カサゴの刺し身(提供:TSURINEWSライター井上海生)

<井上海生/TSURINEWSライター>

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。