日本海の大物天国『玄達瀬』が解禁 完全フカセ釣りで狙うヒラマサ攻略法

日本海の大物天国『玄達瀬』が解禁 完全フカセ釣りで狙うヒラマサ攻略法

6月16日、大物漁場で知られる福井の玄達瀬が解禁を迎えた。今回は玄達瀬における完全フカセ釣りのヒラマサ攻略法を4つのポイントを踏まえ紹介したい。

福井県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 鈴木利夫)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

いよいよ投入

船上で投入前にドラグはしっかり締めて、船長からの投入合図を待つ。その間にまきエサのオキアミをシャクで5~6杯海面にまく。リールのクラッチをフリーにし、さしエサのオキアミの尾は切り2匹掛けでハリに刺す。

仕掛けの投入を終えたら、再びオキアミをまいてここでまきエサはいったん終了。潮が速いときは手でラインは送らなくてもいいだろう。スプールが回転し始めたら、あとはアタリを待つだけだ。

日本海の大物天国『玄達瀬』が解禁 完全フカセ釣りで狙うヒラマサ攻略法青物キャッチ(提供:週刊つりニュース中部版 鈴木利夫)

仕掛けを回収するときは、同船者と回収時点の距離を教え合うこと。またさしエサの有無の情報交換も重要だ。全員が協力してヒットゾーンを探し当てよう。仕掛けを回収してさしエサがなければ、次投はその数値の手前でラインが勢いよく飛び出すだろう。

青物は回遊魚だからまきエサは頻繁にまいて、いち早くブリ、ヒラマサを呼び込もう。それぞれ仕掛けを回収する時間を、極力少なくすることを考えること。

ヒット〜取り込み

ラインが飛び出してサオがたたかれたら、慌てず素早く電動の高速で巻き上げる。モタモタしていたらハリ掛かりしたヒラマサは、瞬時に岩礁へ逃げ込む。ここで岩礁にハリスが擦れてブチ切られることが多い。

日本海の大物天国『玄達瀬』が解禁 完全フカセ釣りで狙うヒラマサ攻略法閂(かんぬき)に掛かればまずバレない(提供:週刊つりニュース中部版 鈴木利夫)

強引に巻き上げて暴れるヒラマサを岩礁から引き離し、アングラーが主導権を握ることが重要だ。岩礁からヒラマサを遠ざけたら、強烈な引きに耐えてかわす。そして豪引を楽しみながら巻き上げればいい。

巻き上げ途中にも突っ込みもあり、ネットに収めるまでは油断禁物だ。同船者にヒラマサがヒットしたら、隣の人は群れが逃げないように、必ずまきエサを絶やさずにまくこと。

日本海の大物天国『玄達瀬』が解禁 完全フカセ釣りで狙うヒラマサ攻略法マダイの魚影も抜群に濃い(提供:週刊つりニュース中部版 鈴木利夫)

ブリやヒラマサは寄せてきても、大暴れして船底に潜り込もうとする。タモ入れは船長に任せよう。そこで先に述べた仕掛け長3m。この長さならタモ入れは容易なはずだ。ヒラマサやブリを仕留めた後は、ハリ先のチェックはその都度必要だろう。さらに根ズレしている可能性があるため、ラインとハリスの損傷確認は忘れてはならない。

次のページでヒラマサ攻略法まとめを紹介!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。