日本海の大物天国『玄達瀬』が解禁 完全フカセ釣りで狙うヒラマサ攻略法

日本海の大物天国『玄達瀬』が解禁 完全フカセ釣りで狙うヒラマサ攻略法

6月16日、大物漁場で知られる福井の玄達瀬が解禁を迎えた。今回は玄達瀬における完全フカセ釣りのヒラマサ攻略法を4つのポイントを踏まえ紹介したい。

福井県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 鈴木利夫)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

日本海の大物天国・玄達瀬

玄達瀬は福井県の沖にあり、鷹巣漁港から35kmほど離れた場所に位置する。天然礁で長さ18km、幅6kmほどあり、水深300mから最浅部は20mぐらいになる。この起伏の激しい天然礁に、大型魚であるヒラマサやブリが回遊してくるのだ。鷹巣和布(めら)港から航程は1時間ほど。

日本海の大物天国『玄達瀬』が解禁 完全フカセ釣りで狙うヒラマサ攻略法玄達瀬で仕留めたヒラマサ(提供:週刊つりニュース中部版 鈴木利夫)

完全フカセ釣法とは

玄達瀬のヒラマサ狙いは、完全フカセ釣法がメインとなる。船長が魚探で魚影を見つけ、アンカーを入れるカカリ釣りスタイルだ。船上からオキアミのまきエサをまいて、潮の流れに仕掛けを乗せ、まきエサとさしエサを同調させてヒラマサをメインで狙う。

オモリは使わず、仕掛けは潮の流れに乗せて、サルカン、ハリ、さしエサの重さだけで流すのが完全フカセ釣法である。ヒラマサやブリは回遊魚だから、重要なのはコマセワークになる。

完全フカセ釣りはヒットゾーンさえ見つかれば、女性でも簡単にブリやヒラマサを手にできる。だが青物の引きは強烈。仕掛けの準備は万全を心がけよう。

日本海の大物天国『玄達瀬』が解禁 完全フカセ釣りで狙うヒラマサ攻略法大型魚とのやりとり(提供:週刊つりニュース中部版 鈴木利夫)

この完全フカセ釣法の醍醐味は、魚がヒットすれば勢いよくライン飛び出して、スプールが回転音を発する。この瞬間が最高の快感なのだ。しかもシンプルな仕掛けゆえに、豪引がダイレクトに伝わる。

特にヒラマサは高速スプリンターの異名で知られる。玄達瀬ではヒラマサのヒット率が高く、多くのアングラーが足を運び一喜一憂するのだ。

完全フカセ釣りのタックル

玄達瀬の潮流は速い。この速潮に仕掛けを流すための完全フカセ釣りのロッドは、外ガイドでオモリ負荷50~80号、豪引に耐える先調子(7対3)で、長さ3m超えるサオを推奨したい。電動リールはフカセ対応で、フロロカーボンライン7~8号を300m巻けるクラスがベストだろう。

日本海の大物天国『玄達瀬』が解禁 完全フカセ釣りで狙うヒラマサ攻略法参考仕掛け図(作図:週刊つりニュース中部版 鈴木利夫)

ラインは潮の流れにより、200m以上流す場合も少なくない。仕掛け回収の時間ロスなどを考えれば、電動リールを推奨したい。ちなみに近年は完全フカセ対応の電動リールが主流である。

その理由は青物がヒットした場合、ライントラブルが少ない点にある。ラインは完全フカセ釣りに適したフロロカーボンライン7~8号で、300mは必要だ。少々ライントラブルで高切れしても、何ら支障はないだろう。

完全フカセ仕掛け

ハリスは8~10号で長さ3m、ハリはヒラマサバリ13~14号の2本バリが基本だ。手慣れたアングラーなら6mでも支障はないが、暴れまくる青物は手繰り寄せるときに魚が暴れて、ハリ外れが多い。仕掛けが短くてもブリやヒラマサの食いは変わらない。

日本海の大物天国『玄達瀬』が解禁 完全フカセ釣りで狙うヒラマサ攻略法完全フカセ仕掛けとハリ(提供:週刊つりニュース中部版 鈴木利夫)

取り込み時はサオを立てたタイミングで、即ネットインすればバラシも少ない。同船者とオマツリしても、仕掛けが短いので速やかに外せてタイムロスは少ない。仕掛け長さの基本は3m。これがベストの長さだ。

完全フカセでヒットゾーンを早く探すには、同船者全員が同じ仕掛けを使うこと。予備を含めて4~5セットは持参したい。大型ヒラマサ狙いならハリス10号だが、少し食いが悪くなるのが難点だ。

また玄達瀬でも、潮が流れない日もある。そんなときはサルカンの上に、発泡ウキ(6~8号)を付けて、潮の抵抗を受けさせて仕掛けを流す場合もある。完全フカセ釣りにおいて、発泡ウキは必需品といえる。

次のページは釣り方について解説!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。