【2021】東京湾の2大アジ釣法「LT」&「逆サビキ」をそれぞれ解説

【2021】東京湾の2大アジ釣法「LT」&「逆サビキ」をそれぞれ解説

数が釣れて、難易度が低く、食べて美味しい。そんな通年のターゲットがアジ。初心者にとっても「アジなら」と心理的ハードルが低い。ここでは東京湾での釣りを紹介する。

(アイキャッチ画像提供:福丸)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

逆サビキ釣りの基本

続いて逆サビキの基本タックルと釣り方を紹介する。

【2021】東京湾の2大アジ釣法「LT」&「逆サビキ」をそれぞれ解説タックル例(作図:週刊つりニュース関東版・編集部)

通常のサビキ釣りでは仕掛けの上部にコマセカゴを付けるが、逆サビキでは下部に付けるため釣り方が変わる。

釣り方

・ビシが着底したら竿を頭上まで振り上げ、コマセの煙幕を作る
・竿先を下げ、仕掛けを煙幕のなかにいれる
・リールのクラッチを切って1~2mラインを送り込む
・流れたコマセのなかに仕掛けが同調する

【2021】東京湾の2大アジ釣法「LT」&「逆サビキ」をそれぞれ解説釣り方のイメージ(作図:週刊つりニュース関東版・編集部)

水深が10mほどしかない場所を攻めることもあり「こんな浅場で良型が!?」と驚くことだろう。また同宿ではファンによる月例大会を開催している。楽しみながら腕を磨こう。

<週刊つりニュース関東版/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース関東版』2021年4月16日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。