初心者が実践できる『東京湾LTアジ』攻略法:基礎無くして釣果望めず

初心者が実践できる『東京湾LTアジ』攻略法:基礎無くして釣果望めず

釣りビギナーにオススメで、玄人でも一度は経験があるであろう「アジ釣り」。今回は、東京湾のLTアジにおける釣果アップのための攻略法を紹介しよう。

東京都のリアルタイム天気&風波情報

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・古谷健太)

古谷健太

東京湾、相模湾での船釣りを中心に何でもやる雑食系です。楽しんでもらえる情報をお伝えできるよう頑張ります。

×閉じる

船釣り エサ釣り

東京湾LTアジの概要

一言でアジ釣りといっても、分類としては2種類に分けられる。1つは走水などに代表される「大アジ」を狙って行われるもので、ビシも100号を超えるものを使う釣りである。

そして、もう1つは今回ご紹介する「LT(ライトタックル)アジ」である。大きいサイズが混じることもあるが、基本的には20cm前後から30cmくらいのアジを狙って、ビシも30号~40号と軽い物を使い、前述の大アジ狙いと比べると気軽な装備で狙うものである。仕掛けの長さも2m以内で、針数も多くないことから扱いやすい。しかも、活性が高い群れに当たれば、入れ食いが堪能できる。

初心者が実践できる『東京湾LTアジ』攻略法:基礎無くして釣果望めずLTアジのタックル&エサ(提供:WEBライター・古谷健太)

シーズンと人気の高さ

アジは、5月~8月頃が旬とされている。しかし、釣りのターゲットとしてのアジは季節を問わず、周年狙える。他にも季節を問わずに狙えるターゲットはいるが、その中でもアジは季節による影響が少なく安定した釣果が望めるターゲットである。

アジは周年気軽に狙えるターゲットだが、言うまでもなく食味は素晴らしいし、料理のレパートリーも多い。

また、東京湾周りの船宿で「LTアジ」と検索すれば、数多くの船宿がヒットすることから、その人気の高さがうかがえる。

初心者が実践できる『東京湾LTアジ』攻略法:基礎無くして釣果望めず東京湾のアジ(提供:WEBライター・古谷健太)

LTアジの落とし穴

初心者の方にもLTアジがおすすめされる理由はいくつかあると思う。お手軽であること、虫エサを使わなくても大丈夫であること、釣り方が複雑ではないこと、そして「簡単に釣れること」が挙げられるだろう。

しかし、釣りに慣れてくると、自分なりのアレンジを考えることがある。おそらく「こう誘いを入れたら釣れた」、「このエサで爆釣だった」、「この仕掛けが最強だ」といった良い記憶が、元々釣りを始めた時の「超基本」を忘れてしまい、これらが自分の基本的なスタイルになってしまうのだ。

もちろん積み重ねた経験は無駄ではないが、あくまで基礎があった上での「引き出し」として、こういった経験を捉えた方が良いだろう。

これらを前提として、LTアジの釣果アップ企画第一弾として、基礎の確認とその基礎のグレードアップの話をしたいと思う。

まずは「基礎」を押さえる

よく言われる「ビギナーズラック」は、船長や釣りに慣れている人から基本を習い、その基本に忠実に従った結果であることが多い。LTアジにおける一般論としての基本としては、指示されるタナ(海底から2~3mが多い)に向けて、まずは海底までビシを落とし、1m巻いてコマセを撒き、タナまで持っていってもう一度コマセを撒き、アタリを待つ。

アタリが無ければもう一度コマセを撒いたり、一旦海底まで落とし同じ動作を繰り返す。

これでダメなら一旦回収。というのがいわゆる基本的な動作であるが、まずはこの作業を見直したい。

初心者が実践できる『東京湾LTアジ』攻略法:基礎無くして釣果望めず初挑戦で大漁となることも(提供:WEBライター・古谷健太)

次のページでは『基礎向上』を目指そう!

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。