伊藤さとしのプライムフィッシング【春は底釣りが面白い:第4回】

伊藤さとしのプライムフィッシング【春は底釣りが面白い:第4回】

伊藤さとしのプライムフィッシング。テーマは「春は底釣りが面白い」。春は底を釣れとの格言もあるとおり、春こそ底釣りで狙ってみたい釣り場やシーンがたくさんある。今回は底釣りの重要項目でもある"タナ"について考えてみよう。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊へらニュース伊藤さとし)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り ヘラブナ釣り

アタって釣れるタナとは

前回は超浅場の底釣りについてでしたが、”タナ”については解説していませんでした。この底釣りとは切っても切り離せない”タナ”について、今回は解説をお願いします。

伊藤 さとし

「重要なのはアタリが出るタナ、さらにはアタって乗ってくるタナを探る。これに尽きるよ」

 

つまり上バリトントンとか、そういうことではないと?

伊藤さとしのプライムフィッシング【春は底釣りが面白い:第4回】釣れるタナは一つではない(作図:週刊へらニュース伊藤さとし)

 

伊藤 さとし

「たとえば、前回のような超浅場狙いだとしよう。その底がキレイだって保証はないし、障害物はなくとも超軟質(スーパーヘドロ状)だったりしたらどう?それこそ上バリトントンなんて言ってられないでしょ」

 

たしかに。では底ダテもしない?

伊藤 さとし

「底ダテはするよ、タナ取りゴムも使う。でもそれで測った水深は単なる目安(基準)であって、それがすべてではないってこと」

 

つまり、トンボ(水深の目印)の重要性は低いと?

伊藤 さとし

「そんなことはない。だって水位が変われば、基準とするものがないと、すべてが分からなくなってしまうからね。だからウキの真下の水深を正確に測ることは、いつだって大切なんだ」

 

水深と範囲を広く模索

では水深が分かってトンボもセットしたとして、そこからどうタナを決めますか?とりあえずは上バリトントンとか、下バリトントンで始めるのがいいのでしょうか?

伊藤 さとし

「うーん、何とも言えないね。ただナジミ幅が出ないとトップの戻りも出づらくなり、しいてはエサ持ちの有無が分かりづらくなる。だからスタート時は最低でも1~2節でもいいから、ナジミ幅が出るタナでスタートすることがオススメかな」

 

最低でも?と言うことは、もっとナジませてもいいのですね。

伊藤さとしのプライムフィッシング【春は底釣りが面白い:第4回】実釣は水深70cmだった(提供:週刊へらニュース伊藤さとし)

 

伊藤 さとし

「そうしたければそうすればいい。だってスタート時はまだ釣れるタナを模索中なんだから、それで決まりではないからね。ゆえにエサ持ちとかに不安がないのであれば、ナジミ幅ゼロから始めてもかまわないよ」

 

そこからウキの動きがいいタナを探ると?

伊藤 さとし

「動きがいい=釣れるではないから、厳密には”アタって乗ってくるタナ”が正解なんだけどね」

 

なるほど、たしかにそうですね。となると、このような釣りではエサ打ち点とかも重要になりませんか?

伊藤 さとし

「よく気づいたね。食ってくるタナがあるのなら、食ってくる”食卓(エサ打ち点)”もある。これらは二者択一ではなくて、常に同時に考えるべきことなんだよ。だから水深を測ったポイントだけでなく、竿が届く範囲内すべてを探って、アタって乗ってくるタナを見つける。これがとても重要なんだ」

 

トンボを基準に答えを探す

タナについてもう少し聞きたいのですが、仮にそうであるなら、両バリが底に着いていなければダメってことではありませんよね?

伊藤 さとし

「もちろんだよ。エサを付けた状態で上バリが底を切れていても、それがアタって乗ってくるタナであれば正解だよ。ただし正解は一つとは限らない。もしかしたら、その真逆のようなベタベタに這わせたタナで食ってきて、そのほうが型がいいってこともあるかもしれない」

 

伊藤さとしのプライムフィッシング【春は底釣りが面白い:第4回】さらに浅いポイントもあった(提供:週刊へらニュース伊藤さとし)

 

でも釣れているタナを動かすのは、勇気がいることですね。

伊藤 さとし

「そこなんだよ。欲張って失敗するかもしれないし、でもやらなければ答えは出ない。だから基準となるトンボは必要なんだよ」

 

なるほど。タナを動かして仮にそれが失敗だったとしても、トンボがあれば釣れていたタナにすぐに戻せますしね。

伊藤 さとし

「そういうこと、それも正確にね。極論するなら、ウキの真下の水深を正確に測れるかどうかの重要性はあまりない。もちろん測れないよりは測れたほうがいいけど、むしろトンボがないことのほうが、後々タナを動かしたときの迷いが生じづらいってことにつながるからね」

 

次回は「春のチョウチン両ダンゴ」です。

【春は底釣りが面白い:第1回】を読む。

【春は底釣りが面白い:第2回】を読む。

【春は底釣りが面白い:第3回】を読む。

<週刊へらニュース伊藤さとし/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
高滝湖
この記事は『週刊へらニュース』2021年4月23日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。