伊藤さとしのプライムフィッシング【春は底釣りが面白い:第3回】

伊藤さとしのプライムフィッシング【春は底釣りが面白い:第3回】

伊藤さとしのプライムフィッシング。テーマは「春は底釣りが面白い」。今回は水深30~40cmの超浅場狙いについて考えよう。

(アイキャッチ画像提供:週刊へらニュース伊藤さとし)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り ヘラブナ釣り

水深30cmまで底釣り可能

よく春は浅場を狙えと言いますが、実際のところ、底釣りが成立する水深はどの程度ですか。

伊藤 さとし

「所有するウキとの兼ね合いもあるけど30cmくらいまでなら食わせられる可能性はある。40cmなら積極的に狙ってみても面白いかもね」

 

30cmですか?それだとハリスもかなり短くなりウキも小さめですね。

伊藤 さとし

「だから所有ウキとの兼ね合いって前置きしたんだけどね」

 

でもその水深を狙うとなればハタキが主体ですよね。産卵に夢中な魚を食わせるのは、かなり難しそうですね。

伊藤 さとし

「おそらくはスレアタリが頻発するだろうね。でもね、食ってくる魚だっている。確かに難易度は高いけど、ドキドキ感は高いはずだよ」

 

伊藤さとしのプライムフィッシング【春は底釣りが面白い:第3回】浅い所は障害物が多数(提供:週刊へらニュース伊藤さとし)

どうやって食わせればいいのですか?

伊藤 さとし

「水深30~40cmを狙うと仮定するなら絶対条件としてハリスを太くすることだね。どうしてもスレアタリが増えるから、体に掛かったハリを外してやりたい。ハリス切れ連発ではハリが魚体に残ったままになるからね」

 

では1号以上ですね。

伊藤 さとし

「アベレージサイズによっては、もっと太いハリスが必要になるだろうね」

 

ハリはどうですか?

伊藤 さとし

「セッサやプロストなどの軸がしっかりしたタイプで、大きさは7~8号くらいがいいかな。大きいとスレで乗った時に外れにくくなるからね」

 

つまり魚体から外れやすくする代わりにハリスは切られないことが前提なわけですね。

伊藤 さとし

「そういうこと。7~8号でも口に入って(食って)さえいれば大きさ的には十分だからね」

 

グラスムクがおすすめ

ウキは前述したとおり小さめですよね?

伊藤 さとし

「そうだね、できれば全長12cmマックス、トップはグラスムクで目盛は5~6節、それにできるだけボディー浮力があるウキが理想かな」

 

なぜグラスムクなのですか?

伊藤 さとし

「浅場を狙うということは通常なら、ウキの立つ周囲にアシやガマなどの障害物があることが多いよね。そういう場所でスレで駆け込まれたりすると、パイプトップではすぐに折れてしまう。その点グラスは強度が高いから折れにくい。折れないとは言わないけどね」

 

伊藤さとしのプライムフィッシング【春は底釣りが面白い:第3回】トップの強度(作図:週刊へらニュース伊藤さとし)

グラスでは戻りが悪いとかデメリットが発生しませんか?

伊藤 さとし

「戻りうんぬんを期待する釣りではないからその点は心配ないよ。超浅場の釣りでは魚が発生させる水流が強くダイレクトに伝わるから、黙っていてもウキは戻る。でもその戻りが必ずしも食いアタリの前兆とは限らないのも浅場の釣りの特徴なんだけどね」

 

つまり触りも出さずに突然アタリが出るということですか?

伊藤 さとし

「むしろそのほうが多いと思っているけどね。と言うのもこれほどの浅場に入って来たということは食い気よりも産卵行動なはず。つまり食い気はないんだけど、たまたま目の前にあったエサを口にしてしまった。そういうケースがほとんどだと思う」

 

だから吸い込みやすい小バリがいいと?

伊藤 さとし

「そういうことにもつながるよね」

 

ではアタリは唐突だとして、どのような動きが食いアタリでしょうか?

伊藤 さとし

「それは千差万別だから何とも言えないね。斜めに消し込んでも食ってる場合もあるし、小さくチッと入る動きでスレアタリばかりの時もある。だからこの釣りをする場合は自分が食いアタリだと思った動きには、躊躇せずにアワせる。要はアタリを選んでなんかいられないってことだよね」

 

硬めの小エサ一辺倒でOK

エサはどうですか?

伊藤 さとし

「硬めの小エサ一辺倒でいいと思う。要は塊のままいつまでもハリに付いていること」

 

伊藤さとしのプライムフィッシング【春は底釣りが面白い:第3回】エサは硬めで溶けにくいタイプを(提供:週刊へらニュース伊藤さとし)

タッチうんぬんではないと?

伊藤 さとし

「とにかくハリに付いていること。バラけさせる必要はないし、寄せる意識も捨てていい。そういうことだよね」

 

ある意味、特殊な釣りですね?

伊藤 さとし

「そういうこと。スレも多いけど、こういう釣りができるのは春をおいて他にはない。だからもし釣り場でこういうシチュエーションに当たったら『どうせ食わない』なんて決めつけずにぜひチャレンジしてほしいね。ただしウキやハリのロストは覚悟してもらわないといけないけどね」

 

次回も「春は底釣りが面白い」です。

【春は底釣りが面白い:第1回】を読む。

【春は底釣りが面白い:第2回】を読む。

<週刊へらニュース伊藤さとし/TSURINEWS編>

この記事は『週刊へらニュース』2021年4月16日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。