グレフカセ釣りで38cm頭に好調ヒット 「潜り潮」攻略法とは?【三重】

グレフカセ釣りで38cm頭に好調ヒット 「潜り潮」攻略法とは?【三重】

三重県尾鷲の磯へフカセ釣りでグレを狙って釣行した。一級磯の立神方面へは行けなかったが、サギ崎のハナレに渡礁し、良型グレを釣ったのでリポートしたい。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター谷脇英二郎)

谷脇英二郎

TEAM黒夢関西所属、釣りはワイワイ楽しくをモットーに紀伊半島、大阪湾をメインにフカセ釣りで年中グレ、チヌを狙ってます!よろしくお願いします!

×閉じる

海釣り 磯釣り

潜り潮の攻略法

この状況でグレを食わせるコツとしては、サラシや流れが複合する潮であったが、ジンタンで調整しながら浮力をギリギリまで抑えて、潜り潮を捉えることが大前提となる。そして潜行するウキにラインを張らず緩めずで送り込んでいくと、高確率でアタリを捉えることができた。

潜り潮を捉えられない仕掛けでは、波や流れで仕掛けが安定せず馴染みが悪いので、グレの溜まるポイントを通過してしまうためヒット率が著しく低下する状況であった。

先端に移動し35cm追加

そして潮が引いてきたタイミングで先端に釣り座を移動してみることに。しかしこちらも潮が安定せず、当て潮やそれが緩んでもフラフラ潮でポイントが絞り難く釣り難い状況であった。

そこで仕掛けを安定させるようにエイジアのG2に変更し、ハリスの真ん中にジンタン6号を打ち半強制的に沈ませる仕掛けとして狙った。ウキが潜行していきラインテンションを調整しながら入れていくと、竿先を引ったくるアタリ!引きを味わいながら手にしたのは35cmのグレであった。

グレフカセ釣りで38cm頭に好調ヒット 「潜り潮」攻略法とは?【三重】キープしたグレ(提供:TSURINEWSライター谷脇英二郎)

これで満足し、磯を洗い流して14時に納竿、帰りの船に乗り込んだ。立神方面も好調に釣れているようでまだまだグレが楽しめそうだ。

<谷脇英二郎/TSURINEWSライター>

▼この釣り場について
大ちゃん渡船
出船場所:大字天満浦漁港

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。