シーバスゲームで54cm頭に本命2匹 ベイトは「稚アユ」【熊本・白川】

シーバスゲームで54cm頭に本命2匹 ベイトは「稚アユ」【熊本・白川】

3月2日の朝、好条件がそろったので熊本市中心部を流れる白川に釣行。海から稚アユを追って上がってきた、銀ピカのシーバスを見事キャッチした釣行をレポートする。

熊本県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・吉永慎二)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

白川でシーバスゲーム

熊本市中心部を流れる白川では、例年4月ごろまでウナギの稚魚掬い漁が行われる。大潮・中潮の夜には、河口から一つ目の堰である井樋山堰には集魚灯がズラリと並び、ほぼ釣りにならない。

そこでこの時期にシーバス釣行は、稚アユ遡上のタイミングを狙ってデイゲームをすることになるのだが、いつでもよく釣れるというわけではない。暖かい雨、ほどほどの濁り、そして大潮・中潮の強い上げ潮という好条件を味方につける必要がある。

シーバスゲームで54cm頭に本命2匹 ベイトは「稚アユ」【熊本・白川】井樋山堰広域略図(作図:週刊つりニュース西部版APC・吉永慎二)

当日の状況

3月2日の朝、前日に降った雨と南風、中潮の上げという好条件が揃ったのですかさず出かけてみた。

午前10時、釣り場は南風が菜の花を揺らし、白い蝶が飛び交う春爛漫の景色。しかし、午後から北風に変わりひどく冷え込むらしいので短時間勝負となる。

ポイントに選んだのは堰の北岸。前日の雨が堰の上にオーバーフローし、敷き詰められた消波ブロック帯の上に浅瀬を形成している。

シーバスゲームで54cm頭に本命2匹 ベイトは「稚アユ」【熊本・白川】井樋山堰北岸(提供:週刊つりニュース西部版APC・吉永慎二)

当日のタックル

狙いめはその浅瀬から伸びる幾筋かの流筋。根掛かりに用心しながら、上流へ向け自作のフローティングミノーを遠投し、慎重に巻き始めたが…1投目から根掛かりである。

シーバスゲームで54cm頭に本命2匹 ベイトは「稚アユ」【熊本・白川】当日のタックル(作図:週刊つりニュース西部版APC・吉永慎二)

ここはブロックの間に木切れなどがはまりやすく、そのような根掛かりがランダムに発生する。しょうがないので反対側に回りルアーを回収。「ポイントつぶれたかな?いやまて、水は薄茶色に濁っている」。まだ人間の接近に気付いていないシーバスがいるかもしれない。そのままダウンクロスで投げ、ゆっくりゆっくりと巻いてみる。

堰から流れ落ちる白波の中に、時折ピョンと飛び上がる小さな魚影が見える。今は上げ7割といったところか?稚アユたちは堰の下で身をくねらせて遡上の機会をうかがっているのだろう。

ファーストヒットシーバスは51cm

ルアーが強い流れに入ったところで巻きを止め、その場でギラリと数回平打たせてみる。水中に時折見える稚アユの輝きをイメージし、ゆらゆらギラリとやっていたサオ先に重みが乗った。根掛かりかもしれない。少しロッドを立ててみる。すると、急にラインが横に走り出したのでそのまま巻きアワセを入れた。今年初のシーバスヒットである!

掛かりが浅いかもしれない。慎重に寄せて、スルリとタモ入れに成功。居着きらしい色黒のシーバス51cm。

シーバスゲームで54cm頭に本命2匹 ベイトは「稚アユ」【熊本・白川】ファーストヒットは51cm(提供:週刊つりニュース西部版APC・吉永慎二)

次のページでサイズアップに成功!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。