シーバスゲームで54cm頭に本命2匹 ベイトは「稚アユ」【熊本・白川】

シーバスゲームで54cm頭に本命2匹 ベイトは「稚アユ」【熊本・白川】

3月2日の朝、好条件がそろったので熊本市中心部を流れる白川に釣行。海から稚アユを追って上がってきた、銀ピカのシーバスを見事キャッチした釣行をレポートする。

熊本県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・吉永慎二)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

2尾目は54cmをキャッチ

まだ釣れそうな気配はある。今度は投げる角度を変え、堰から伸びる白泡の中をドリフトぎみに流し、ルアーが流れを捉えたところでまたひらひらギラリと動かす。数投で再びサオ先に重みが乗った。今度は少し引きが強い。褐色の流れの中で白銀の魚影がギラリ!

そして、ザブザブとエラ洗い。何度かの突っ込みを交わし、魚の抵抗が弱まったところでタモに導き入れた。海から稚アユを追って上がってきたばかりと思われる、銀ピカのシーバス54cmをキャッチできたところで、その日は早上がりした。

シーバスゲームで54cm頭に本命2匹 ベイトは「稚アユ」【熊本・白川】2尾目は54cmをランディング(提供:週刊つりニュース西部版APC・吉永慎二)

ベイトは稚アユ

家に帰ってシーバスを解体してみると、確かに6cmほどの稚アユが出てきた。そのほか、川エビ2尾、ハエの稚魚2尾、いずれもマイクロベイトの類である。しばらくの間は、小さなルアーで流下する小動物のイメージのアクションが効くと思われる。

シーバスゲームで54cm頭に本命2匹 ベイトは「稚アユ」【熊本・白川】胃の中には稚アユが(提供:週刊つりニュース西部版APC・吉永慎二)

春の最盛期はこれから

これから稚アユの遡上が本格化し、テナガエビ、ボラ、コノシロの稚魚なども加わり、川にシーバスのエサが豊富にやってくる。春の最盛期はこれからである。チャンスがあれば出かけてみてほしい。

シーバスゲームで54cm頭に本命2匹 ベイトは「稚アユ」【熊本・白川】釣果はこのように料理(提供:週刊つりニュース西部版APC・吉永慎二)

<週刊つりニュース西部版APC・吉永慎二/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
白川・井樋山堰
この記事は『週刊つりニュース西部版』2021年3月26日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。