【三重2021春】イカダ&カセから狙う「乗っ込み」クロダイ徹底解説

【三重2021春】イカダ&カセから狙う「乗っ込み」クロダイ徹底解説

イカダ&カセで狙うカカリ釣りのクロダイでは、いよいよ乗っ込みシーズンの到来となる。今回は乗っ込み期に使用するエサやダンゴ、そして攻め方などを解説する。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 橋本直)

TSURINEWS編集部

海釣り施設 イカダ&カセ

乗っ込みシーズンを攻略

桜の開花時期が近づいてくると、いよいよイカダ&カセで狙うカカリ釣りのクロダイでは、乗っ込みシーズンの到来となる。

「乗っ込み」とは、産卵を迎えたクロダイが浅場に入ってきて、体力をつけるために荒食いをすることで、サイズのいいクロダイが良いタイミングに当たれば2ケタ釣果も十分に考えられる。

【三重2021春】イカダ&カセから狙う「乗っ込み」クロダイ徹底解説乗っ込みクロダイを攻略しよう(提供:週刊つりニュース中部版 橋本直)

近年は海水温の上昇によりはっきりとした乗っ込み期がなくなり、長い期間にばらけているように思われる。今回は乗っ込み期に使用するエサやダンゴ、そして攻め方などを解説していこう。

タックル

良型を意識したタックルで臨んでいこう。

【三重2021春】イカダ&カセから狙う「乗っ込み」クロダイ徹底解説タックル図(作図:週刊つりニュース中部版 橋本直)

サオ

長さが1.5~1.8mの専用ロッドで、バットの部分がしっかりとして、大型がヒットしても対応できるものをチョイスしていきたい。ちなみに、私はNSR・ASRA150Hを使用している。

リール

専用の上向き(両軸タイプ)、下向き(片軸タイプ)のどちらでも大丈夫だが、三重県・鳥羽エリアのように潮の流れが速いポイントでは、やはり下向きが有利だろう。ラインのコントロールが必要不可欠になる場合、下向きリールの方がコントロールしやすいからだ。

三重県・南伊勢町より尾鷲方面であれば、上向きリールでじっくり粘ってもいいかと思われる。上向きリールは力を使いやすい利点があり、大型には対応しやすいのではないだろうか。

ライン

ポイントにより号数(太さ)を変えていくが、私の場合、鳥羽エリアではラインシステム・筏かせテクニカルの1.5~1.75号、南伊勢方面では同種の1.75~2号を使用している。

ハリ

こちらも良型から大型を意識するチョイスとなり、クロダイ用の3~5号を使用する。私の場合はスーパー競技チヌ3号を選択している。

次のページはダンゴ&エサについて紹介!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。