【三重2021春】イカダ&カセから狙う「乗っ込み」クロダイ徹底解説

【三重2021春】イカダ&カセから狙う「乗っ込み」クロダイ徹底解説

イカダ&カセで狙うカカリ釣りのクロダイでは、いよいよ乗っ込みシーズンの到来となる。今回は乗っ込み期に使用するエサやダンゴ、そして攻め方などを解説する。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 橋本直)

TSURINEWS編集部

海釣り施設 イカダ&カセ

ダンゴ

春先はまだ水温が低くてダンゴには反応しない場合もあるが、近年は真冬でもダンゴを使用して釣果を得ることができる。状況に応じた対応は必要だが、ダンゴの使用は必要不可欠で、しっかりとダンゴでポイントを作っていかないと、時合いを逃してしまうので気をつけていきたい。

私の場合、配合は年中同じで、使用する量が変わるだけ。冬から春に使用する配合例と量は、素材工房イエローステージプレミアム1箱、煎りぬか半袋、ガーリック粉末1袋、オキアミミックス2袋。使い切れない場合も多々あるが、エサ取りやボラの状況によって変わってくるので、最低この量は確保したい。

【三重2021春】イカダ&カセから狙う「乗っ込み」クロダイ徹底解説筆者おすすめのダンゴ(提供:週刊つりニュース中部版 橋本直)

私は素材工房のフィールドテスターをしているが、ダンゴに関しては、こだわりを持って使用するようにしている。

年間を通してメインで使用しているダンゴがイエローステージプレミアム。このダンゴは開発時から関わっており、特徴としては非常に濁りが強くて比重が高い。

濁りに関してだが、皆さんもご存知の通り濁りで魚の活性を上げていき、活性が上がれば警戒心も薄れて捕食の可能性が高くなる。

比重に関しては、やはり昨今は上層や中層に魚が多く、比重のないダンゴでは底まで持たない可能性もある。できるだけ速く着底させ、しっかりとポイント作りができるダンゴがイエローステージプレミアムだ

【三重2021春】イカダ&カセから狙う「乗っ込み」クロダイ徹底解説産卵の体力をつけるため荒食いする(提供:週刊つりニュース中部版 橋本直)

ここに足すのが、同じく素材工房の煎りぬか。これは単体でも使用できるが、イエローステージプレミアムのメイン素材が貝粉末で、煎りぬかを入れることによって、非常に握りやすくてタッチが軟らかくなり、よりコントロール性に優れたダンゴになる。

カカリ釣りにおいてダンゴは必要不可欠なアイテムなので、できるだけシンプルに考え、自分が一番使用しやすいダンゴは何かを探していこう。

さしエサ

基本、時期的にやはりそこまでエサ取りはうるさくなく、アタればクロダイだということも珍しくはない。軟らかいエサをメインに組み立てていけば間違いないだろう。

【三重2021春】イカダ&カセから狙う「乗っ込み」クロダイ徹底解説左上から時計回りにオキアミ、ボケ、アケミ貝、シラサエビ(提供:週刊つりニュース中部版 橋本直)

オキアミ

ダンゴ釣りでは定番のエサで、食いも良くて、年間を通して使用する万能のエサ。

ボケ

生きエサで、色が白くて抜群のアピール力があり、冬から春にかけては、なくてはならない武器となる。ダンゴで包んで使用するも良し、広角釣法で使用するも良し。クロダイがいれば、即捕食してくれるだろう。

シラサエビ

秋の数釣り時に使用するイメージが強いエサだが、春にも抜群の威力を発揮してくれる。ダンゴに混ぜながらポイントを作り込み、ダンゴに反応がなければ広角釣法で狙っていくなど、多彩な攻め方で使用できる。

何度となく、春にシラサエビで好釣果を出しているので、やはり外せないエサだ。

アケミ貝

こちらは丸貝、半貝、むき身にしたりといろいろな使い方ができるが、この時期に使用するならむき身で、つぶしてダンゴに混ぜてまきエサにも使用するため、私は必ず持参している。

次のページで具体的な釣り方について解説!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。