堤防サビキ釣りでマイワシ135匹 入れ食いの理由とは?【愛知・河和港】

堤防サビキ釣りでマイワシ135匹 入れ食いの理由とは?【愛知・河和港】

11月28日、前週に続いて再び愛知・美浜町の河和港へ釣行。夜明け頃からサビキでマイワシが釣れだし、気が付けば3ケタ超えの爆釣となった釣りをレポート。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・石川友久)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

河和港でマイワシ狙い

前週に釣ったマイワシがとてもおいしかったので、「また釣れれば…」と妻を連れて釣行を計画。半田港や三河湾周囲、幡豆漁港でもマイワシが釣れたという情報があったが、周囲の状況が分かっている河和港を選んだ。

堤防サビキ釣りでマイワシ135匹 入れ食いの理由とは?【愛知・河和港】大人気の河和港サビキ釣り(提供:週刊つりニュース中部版APC・石川友久)

波止は満員状態

前回はアミエビが不足気味だったので、今回は 冷凍アミエビのブロック(中・2kg)を2個用意した。

河和港には午前4時すぎに到着。既に満員状態だったが、隙間を探して釣り座を確保し、サオを出して夜明けを待つ。妻は車内で休憩、私は準備をしながら周囲の様子を見ていた。

堤防サビキ釣りでマイワシ135匹 入れ食いの理由とは?【愛知・河和港】当日のタックル(作図:週刊つりニュース中部版APC・石川友久)

暗いうちから好反応

午前5時45分、まだ暗闇に包まれたままだったが、集魚灯を付けて釣っていた人にカタクチイワシが掛かりだした。試しに釣り座の前にアミエビを投入すると魚が集まってくる。暗いうちから魚の反応があるようだ。魚の活性が上がって食いだすと考え、妻を呼びに行き本格的に釣りスタート。だが、魚は集まるがハリ掛かりしなかった。

午前6時ごろ最初の1匹がハリ掛かりすると、本格的にマイワシが釣れだした。サイズは前週と同じ17cm前後。すぐにクーラーボックスに塩氷を作り、鮮度を保つため暴れているマイワシを即クーラーに収納する。

連掛けで入れ食い状態

アミエビをまかなくても表層でサビキを止めているだけで数匹食い付くこともある。妻はマイワシを3匹掛け、大爆釣に歓声を上げて喜ぶ。

まさにマイワシの入れ食い状態、釣れすぎて魚の処理が追い付かないので、私はサオを置いて妻のサポートに回った。

堤防サビキ釣りでマイワシ135匹 入れ食いの理由とは?【愛知・河和港】マイワシをトリプルゲット(提供:週刊つりニュース中部版APC・石川友久)

すぐに3ケタ超え

妻には魚を釣ることに専念してもらい、私は魚を外すことに専念する。結果的にこの役割分担が功を奏し、手返しが速くなって大爆釣。午前7時30分くらいには既に3ケタを超えていた。

午前7時45分ごろ、目の前でイワシのナブラが起こった。船釣りでは沖で何回も見かけたが、港で見るのは初めて。8時を過ぎるとナブラはなくなり、アミエビを投入するとヒイラギが集まるようになった。

次のページで「大爆釣の要因」を考察

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。