豊後水道で大型タチウオ連発 目標はガードレール幅?【愛媛・はま渡船】

豊後水道で大型タチウオ連発 目標はガードレール幅?【愛媛・はま渡船】

11月下旬、ドラゴン級タチウオへのリベンジ釣行のお誘いがあり、豊後水道へ出かけた。狙いは「ガードレール級」の幅を持つタチウオだ。

愛媛県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・濱堀秀規)

濱堀秀規

徳島県在住の濱堀秀規(ハマちゃん)と申します。「地球は僕らの遊び場さ」と磯釣りや船釣りで1年どこかの海を駆け回っています。得意技はフラれる事、特にお魚に。釣り記事以外にも、徳島の農産物と食を題材に「浜ちゃんのうまいモノ絵日記」と題したコラムを10年以上毎月連載中。マルキユーフィールドスタッフ。1級小型船舶操縦士。

×閉じる

船釣り エサ釣り

豊後水道でタチウオ釣り

11月上旬にドラゴン級狙いで出かけた豊後水道のタチウオだったが、その際には指4本幅止まりであった。そこで、今回はさらに大きなドラゴンタチウオを狙ってのリベンジ釣行となった。リーダーの井上さんから、参加有無の確認電話があった際の事前情報では「大物ドラゴンが釣れているよ」とのこと。

「今回は、天候が安定して日和も良いし、期待できるよ」との話であった。「1匹で良いから、ドラゴンを釣ってみたいので、一緒に連れて行ってください。ガードレール幅のタチウオも釣れているそうなので、ガードレールドラゴンでもいいですよ」とお願いして、愛媛・宇和島市の新内港から、こんぴら丸・浜渡船で出船である。

海域は、愛媛県と大分県の両方が見える豊後水道。ポイントに到着すると、大分船籍の遊漁船と、愛媛船籍の遊漁船がたくさん見える。みなでっかい船である。
今回のチャーター船参加者は、幹事の井上さんに福永さん、三宅さん、宮本さんと息子さん、そして、宮本さんの友人、私の7人である。

特殊なタチウオ仕掛け

豊後水道でのタチウオ仕掛けは特殊である。300m巻いているPEラインの太さは、1.2号指定。200m前後の深さを釣るので、細い糸でないと隣の人とオマツリしやすくなるからである。そして、電動リールが必須である。毎回200mを巻き上げる自信がある人は手巻きでも良いと思うが、年寄りの私たちは、電動に頼るのが一番である。

「テンヤは60号でそろえてね」という井上さんの指示なので、徳島では売っておない60号のテンヤを、ようやく愛媛の釣具店で探して準備ができた。エサはサンマやイワシである。大きめのエサの方が食いは良いが、目と頭の良いドラゴン級のタチウオは、竿に反応を出させないまま、エサだけをかすめ取っていくことがほとんどである。

ドラゴンタチウオ連発

前半戦は、ミヨシの方で糸を垂れていた井上さんばかりにアタリがある。ファーストヒットは、「こまいわ(小さいわ)」と指4本幅くらいのタチウオを釣り上げた。次も「まあまあかな」と言っているが、指5本幅は超えていて、5.5本幅くらいである。「これはもうドラゴンですよ」と言うと、気合いが入ったのか、ドラゴンを連チャンである。

豊後水道で大型タチウオ連発 目標はガードレール幅?【愛媛・はま渡船】井上さんがタチウオ連発(提供:WEBライター・濱堀秀規)

一方、他の人は、「あ~、逃げられた」、「あ~、バレた」、「エサだけやられた」とバラシのオンパレードである。私も、「これはデカいわ」と、ドキドキしながら電動リールで巻き上げていると、途中でフッと軽くなった。ハリ外れである。

指7本幅級もヒット

ようやく井上さん以外で釣り上げる人があった。それは、宮本さんの息子さんである。「うーん、小さい」と指4本幅のタチウオをクーラーボックスに投げ入れた。そのすぐ後は大物のバラシ。そして、ようやくその時がやってきた。静かに船内に引き込んだのは、指7本幅はある、ドラゴンタチウオである。

豊後水道で大型タチウオ連発 目標はガードレール幅?【愛媛・はま渡船】宮本さんに指7本幅のタチウオが(提供:WEBライター・濱堀秀規)

「イワシを巻いた仕掛けを底からゆっくり上げて誘っていると、ドスンと引ったくっていった」とのこと。お見事である。

次のページで釣行後半の入れ食い模様を紹介

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。