冬のボート釣りで2kg級「マダコ」 正月の縁起物にも最適【明石沖】

冬のボート釣りで2kg級「マダコ」 正月の縁起物にも最適【明石沖】

12月初旬の明石エリアの水温は16℃前後と高く、まだまだマダコゲームが楽しめそうです。正月用のマダコを確保するために12月7日に出かけました。

兵庫県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・丸山明)

丸山明

ゴムボートから始めたボート釣りも25年を過ぎ、もうover60です。釣りを極めたいです。

×閉じる

ソルトルアー エギング&イカメタル

冬のマダコ釣り

12月にマダコ釣り?確かにマダコは夏の釣りもので、セミが鳴き止むとタコ釣りも終わりと言われますが、秋の産卵を終えて越冬前のマダコが狙えるのです。

年末にマダコが釣れれば、マダイの塩焼き、関西でいう「にらみ鯛」に負けない、正月の惣菜を確保。おめでたい時の赤い色の食材で、マダイもマダコも赤いです。純国産のブランド明石タコを年末に釣る目論見です。

そして、越冬を前にした落ちのものは旨味が出ると言われますが、マダコも旨味が出ていると思います。浜値も夏とは比較にならない金額になるほどです。おせち料理に、刺し身、酢の物、煮つけ、そしてタコ飯は絶品。意外と保存が効き、安心な食材です。また、タコ飯用の干しダコは、冬の気温と日照で長めに干して、旨味を凝縮させると格段の味わいになります。

冬のボート釣りで2kg級「マダコ」 正月の縁起物にも最適【明石沖】干しダコで作った絶品タコ飯(提供:WEBライター・丸山明)

夏との違い

夏は、確実に数が出ますが、そのイメージだとがっかりします。

数より型

秋から冬は、数より型を狙います。私は、4~5杯も釣れれば、もう気分は上々で型物が加われば、もうこれは大釣りです。

晩夏から秋にかけてマダコは産卵をします。産卵後、多くの雌は死んで個体数が減り、生まれたちびっこは漂うばかりで、釣りの対象となるのは来夏。そもそも釣りの対象となる個体が減っている時期です。しかし、大きく育った型物が出てきますので、秋から冬は、晩ご飯を探しに行くという釣りで、食べれば納得の美味しい味を求めるのが時期のマダコ釣りです。

マダコの寄り場を探す

冬のマダコポイントは、夏のように、そこら中にいるのではなく、エサ場に集中しているような感じです。ボート釣りでは、ゆっくりと探ってタコエギを動かしていくと、ヌオーッと重みが出るでしょう。

磯があって、潮通しの良い場所には、好物の甲殻類も多く「草刈り場」となっていることが多いです。見つけるのは大変ですが、イメージを作って探ると見つかるものです。

また冬場は時合いが短く感じます。夏は、潮が緩み始めれば乗りが続き、潮止まり後に、また乗り始めますが、この時合いが短くなっているような感じがします。「落ち」を狙うのには、このようなことも考えて挑みます。寄り場と、時合いを探り、落ちギスを狙うのと同様に、その場と時を見つければ楽しくなる釣りです。

夏以上に遅アワセ

釣れ方の特徴としては、夏よりゆっくりとエギを動かす方が乗ります。水温が下がってきている時期なので、動きも夏とは違うのでしょう。ヌオーッと竿先に重みを感じたら、ゆっくりと待ちます。夏はひと呼吸ふた呼吸でかけられても、冬は倍以上待ちます。

気持ちは、10カウントして大アワセです。バラしたら悔しいのなんの…。したがって、足の付け根にタコエギが入るまで待つのが大事です。クリスマスですので、「きよしこの夜」とゆっくり歌って待ってください。「ジングルベル」はダメです(笑)。

12月の明石沖でマダコ釣り

12月7日、明石二見沖に12月のマダコを狙って釣行です。明石海峡の転流時刻は、9時40分ですから、二見沖は8時半から9時頃に潮止まりになるものと予測して、7時に釣り開始。

岸寄りの海苔棚よりさらに岸寄りで、磯場が点在する場所で、潮通しも良く、エサ場がありそうなポイントです。朝の風が北から吹き、ボートがウロウロしますが、1ノット前後の潮に乗せて、水深6~8mの浅場を濃い緑と白のタコエギ2本仕掛けで探ります。

10カウント待って2kg級

最初の獲物は、竿先に重みが出てから我慢の10カウント。力いっぱいアワセを入れると、ドンと来るような重み。型物です。冷や冷やドキドキで巻き上げ、タモに収めたのは、2kgクラスの見事なマダコ。スカリのタコホイホイに放り込んで、チャックをしっかり止め、逃亡の名人を確保です。これで、「もう帰ってもいいや」の気分になれるサイズです。

冬のボート釣りで2kg級「マダコ」 正月の縁起物にも最適【明石沖】2kgクラスがいきなりヒット(提供:WEBライター・丸山明)

潮が緩み始め、北風も弱くなる頃に300gサイズが2杯続けて乗ってきました。

冬のボート釣りで2kg級「マダコ」 正月の縁起物にも最適【明石沖】300g級が連発(提供:WEBライター・丸山明)

1kg級追釣し納竿

さらに潮が緩み、0.3ノットほどで流れ、エギの緑を黄紫にかえると、乗りの重み。アワせると型物の重量感。さらに巻き上げの重さを楽しめ釣れたのは、1kgクラスのうまそうな大きさです。

冬のボート釣りで2kg級「マダコ」 正月の縁起物にも最適【明石沖】1kgクラスの雄も追加(提供:WEBライター・丸山明)

その後、潮止まりになり、9時半から上げ潮で時合いが来るかと思いましたが、何の反応も出ず、どうやらこの日は、下げの潮止まり前の1時間半が時合いだったようです。嬉しい十分な釣果で、10時過ぎに沖上がりとしました。

雄と雌の違い

最初の2kgクラスは雄、1kgクラスは雌でしょう。雄の吸盤はサイズがそれぞれ異なるのが多く、大きい吸盤もありますが、雌はきれいに同じ形で並んでいます。と聞きましたが、まさにそのようです。雄は、大きい吸盤をライバルに見せつけて威嚇するそうですが、さてさてです。

冬のボート釣りで2kg級「マダコ」 正月の縁起物にも最適【明石沖】左が雄で右が雌。吸盤の違いに注目(提供:WEBライター・丸山明)

次のページで冬場の好条件を紹介!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。