ボートシーバスで本命70cm超 決め手は小型バイブレーション【福岡】

ボートシーバスで本命70cm超 決め手は小型バイブレーション【福岡】

11月14日、福岡・博多東浜から遊漁船クルーズにてボート・シーバスに行ってきた。試行錯誤の末、小型バイブレーションで70cm超の本命を仕留めた釣行をレポート。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・大須賀陽士)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

遊漁船クルーズでボートシーバス

1月14日、福岡・博多東浜から遊漁船クルーズにてボートシーバス釣行。

当日は午前6時30分に出船し、7時ぐらいから釣り開始。イワシなど小型ベイトとコノシロなど大型ベイトを想定し、2タックルを持ち込んだ。まずはコノシロを意識したシーバスを狙うため、オシアペンシル185Fを使ってみることにした。

1時間近く投げるも反応がなかったため、次は小型ベイトを意識してチヌ用の小型ポッパーを使って何度か試してみたところ、バイトがあったが、惜しくもフッキングにはいたらなかった。

ボートシーバスで本命70cm超 決め手は小型バイブレーション【福岡】筆者のタックル(作図:週刊つりニュース西部版 APC・大須賀陽士)

バイブレーションに反応

ルアーがしっくりこなかったので、小型ペンシルにかえてみたところ、20cmぐらいの小型シーバスが釣れたが、思ったよりサイズが伸びない。

次のポイントに移動し、瀬に付いてあるだろうシーバスをペンシルで狙ってみるが、まったく反応がなかったため、博多湾の鉄板ルアーであるバイブレーションを試しに投げてみたところ、早速ヒット!上がってきたのは大きくはないものの本命シーバスだった。

そして同じ所にすぐに投げてみたところ、今度は60cm近いシーバスが釣れた。

7cmバイブで本命60cm

ペンシルとバイブレーションを織り交ぜるも、バイブレーションの方しか反応がなく、水面にシーバスのボイルなどが見られなかったため、ベイトがいてもレンジの深い所で捕食していると仮説を立て、バイブレーションの種類をかえながら釣っていく作戦にした。

鉄板系のバイブレーションも投げてみたが、高活性ではないようで、波動が強すぎるルアーはイマイチだったため、7cm(15g)程度のバイブレーションでカラーを小まめにかえながら広範囲に探ったところ、60cmクラスを連発できた。

納竿間際に70cm超

そして11時を回り、残り時間も少なくなってきたところで当日一番のシーバスがヒット。ドラグを駆使してやり取りしたところ、上がってきたのは70cmオーバー。フックも前後掛かっていたが、どちらも伸びており、もう少し遅かったらバラしていたかもしれない。最後に何投か投げたところで納竿となった。

今回、大型ベイトを意識したシーバスを釣り上げることはできなかったものの、70cmオーバーも釣れ、大変満足のいく釣行となった。

<週刊つりニュース西部版 APC・大須賀陽士/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
遊漁船クルーズ
出船場所:福岡県福岡市博多区
この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年12月11日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。