今さら聞けないカサゴゲームのキホン:『デイ&ナイト』で異なる攻略法

今さら聞けないカサゴゲームのキホン:『デイ&ナイト』で異なる攻略法

カサゴは波止などのライトソルトゲームにおいて、必ずと言って良いほど釣れてくれる嬉しいゲスト。今回はカサゴに焦点を当てて昼と夜の釣りの違いを解説したい。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

タックル流用で狙えるカサゴ

カサゴはライトゲームをしていると必ず釣れてくるターゲット。筆者もメバル狙いで初のライトゲームで釣れたのはカサゴだったと覚えている。あのときは嬉しかった。反応も良い魚で、釣り方を覚えておくとボーズ逃れもできる。カサゴの釣り方の基本を確認しよう。

カサゴには専用タックルと呼べるようなものがないと思う。あえて言うなら、ライトロックロッドだろうか。しかし、この手のロッドはメバルに合わせて設定されていて、ティップは軟らかくてスローテーパー気味。これで当然カサゴも釣れるが、やはり専門ではない。

あえてカサゴタックルを作ろうという人以外は、基本的に今あるロッドを流用すれば良いだろう。メバルロッド、アジングロッド、またはバスタックルのML調子くらいまでをそのまま持っていくだけで釣れる。

リールはスピニングの2000番台が扱いやすい。大事なのはPEラインの太さ。0.2~0.5号が基準だろう。これ以上になると、カサゴ釣りに使用する1.5g程度のジグヘッドを扱いにくくなる。

釣り方について

カサゴの潜むレンジは、日中も夜もかわらない。必ずボトムかその少し上がほとんどで、時には岸壁の壁に横向きに張り付いている壁タイプもいる。ただし、釣り方は日中と夜で異なる。

デイのカサゴ

日中は、ボトムをジグヘッドをダート(左右に動かすアクション)して狙う。このために必要なのは、ダート用ジグヘッド、つまり専用品だ。そしてピンテールワームをセットして、小エビが跳ねるようなイメージで誘いをかける。

今さら聞けないカサゴゲームのキホン:『デイ&ナイト』で異なる攻略法日中はダートタイプのヘッドが有効(提供:WEBライター・井上海生)

ナイトのカサゴ

夜になるとカサゴは活性が上がる。ボトムを2inch級のワームでリトリーブすると反応が良い。コツとしては、ボトムにベタッとリグを着けすぎないことだ。微妙にボトムを切るような感覚で漂わせるようにリトリーブすると、カサゴも一応フィッシュイーターなので、ワームを小魚だと思って急所を押さえにグイッとバイトしてくる。ハリ掛かりしやすい。

今さら聞けないカサゴゲームのキホン:『デイ&ナイト』で異なる攻略法夜はリトリーブで釣ろう(提供:WEBライター・井上海生)

ドラグ設定が重要

カサゴは底物で、実際、掛けた瞬間に根へ走る。おそらく日常捕食する際の習性もそうなのだろう。食った獲物を自分の巣に持ち帰って、確実に逃さず飲み込もうとするわけだ。

つまり、ボトムを狙うカサゴ釣りにおいて、釣り人と魚のどちらに分があるかというと、掛ける場の状況にもよるが、基本的には魚有利の条件である。そのため、ドラグは強めに設定して、根に潜る動きを封殺したい。

よくあるのが、堤防でメバリングをしていて、潮止まりにメバルの反応がなくなり、そのままのドラグでカサゴを狙ってしまうこと。堤防の釣り人有利条件、メバル相手の緩めのドラグだと、特に冬場の大型カサゴの動きに対処しきれない。
またサイズに関係なく、岩礁帯などでは小型にも困らされる。根に入るとそのまま負け(ロスト)になることが多い。メバルからカサゴに狙いをかえる時は、必ずドラグを調整し直そう。

次のページはカサゴ狙いの魅力を紹介

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。